So-net無料ブログ作成

遅れる梅雨明け

 19日11時現在では、大型台風5号は本土上陸こそは免れそうですが、梅雨前線を刺激して、西日本に大雨予報が出ています。これらの影響もあり、平年は21日頃の梅雨明けが大幅に遅れて、7月末近くまで梅雨が明けないようです。イネや夏野菜は日照不足により、生育不良で、今後が心配されます。

 CIMG0123.jpg 梅雨時の花アジサイはダラダラと咲いて、元気がないように見えます。

 オニユリ.jpg 夏の野草の鬼百合が早くも咲いています。

 野菜畑の様子

 CIMG0099.jpg 山の畑のカボチャは葉も大きくて、実も充実していますが、樫木の畑では弱弱しいツルが伸びて実も貧弱なままです。

 CIMG0105.jpg 相変わらずサトイモは元気です。

 CIMG0128.jpg ゴーヤのトンネル化が進んでいて、

 CIMG0109.jpg 収穫が始まりました。

 CIMG0132.jpg トマトの一部ですが、葉も少なく、茎も細いのですが、実は大きく数が出ています。3本仕立てで脇芽を全部掻いて、根からの栄養が実に集中するような仕立て方です。1株でトマトの房は8から10個あります。ところで、毎日数回トマトの畝を見回って、実に入るアオムシ、突き刺すカメムシを捕殺しています。これまではカメムシの害は少なかったのですが、今年は多いです。

 CIMG0127.jpg ズッキーニの根元です。このように2本支柱で茎を縛って支え、根元をスッキリできましたので、茎が折れるのが少ないし、収穫が長く続いています。カボチャと合わせて、毎朝の授粉ツアーが5月末から続いていますが、ちょっと疲れ気味です。このように茎を縛るのは手間もかかり面倒ですが、それなりの効果はありました。

 CIMG0129.jpg 地這キュウリも収穫が始まっています。収穫の目印に杭を差しています。

 CIMG0126.jpg キャベツの種の発芽です。

 CIMG0102.jpg畑周りの草刈りです

 CIMG0103.jpg 刈払い機とその刃を購入して、作業が楽になるようにしました。刈払い機では充電式のものも検討しましたが、ササやアワダチソウなど固い雑草を刈るため、従来のエンジン式23ccを選びました。

 CIMG0106.jpg キュウリの収穫

 CIMG0101.jpg トマトの収穫です 他に枝豆、インゲンなどもあって、雨中での収穫作業になって、スタッフの皆さんがご苦労されています。

 CIMG0118.jpg この春、町に2軒目の簡易宿泊所が出来て、その方が開いたフリーマーケットです。若い人たちのエネルギーです。

 CIMG0121.jpg 農場も出品しました。

 CIMG0115.jpg トーマス君などのミニカーを並べて童画を見ている寛太郎くん。


 CIMG0114.jpg 夏の水泳シーズンは釣り場が水上バイクに邪魔されて、あまり釣りはできませんので、身を持て余しています。ちょっとおなかを壊して、休んでいたりします。これくらい釣れるのは数回に1回程度です。

 エイ.jpg 岸壁ちかくをエイが泳いているんです。これも釣りの邪魔です。南方の魚で、今黒潮が太平洋岸に接近して北上しているため、黒潮に乗ってやってきているのですね。


 参議院選挙が明後日になりました。SNS(twitterなど)を見ると、選挙情報が詳細になっています。テレビではいつになく選挙報道が少ないです。「れいわ新選組」も応援しています。

 雨続きで、農作業が進みませんし、私も高齢で作業がはかどりませんが、老化はいかんともできないので、緩いペースです。梅雨明け前もその後の激暑の夏も、みなさまご健康に気を付けてお過ごしできますように。


 

nice!(14)  コメント(5) 

どんよりした梅雨空続く

 この地方の梅雨明けまで、あと10日くらいでしょうか。今週も雨マーク続きでしたが、ここまでは激しい雨を見ることはありませんでした。畑に水やりをしないで済んでいる程度です。

 CIMG0075.jpg 住居から畑に向かう途中の信号交差点にある角地にはチューリップやスカシユリが植えられていて、ドライバーを楽しませてくれます。

 CIMG0078.jpg 伊勢湾側を北上した隣町の上野間の公会堂で、毎週地域の人たちがお茶を飲みながら談話交流する集まりがもたれるようになりました。地域共同体の復権・回復を目指す民間の試みです。参加してきました。

 畑の様子

 CIMG0061.jpg 山の畑のカボチャ ここはしっかり育っていて、葉も大きく青々としています。雌花に授粉した目印に差している杭が100本くらいになっています。ここは本命のカボチャ畑ではないものの、助かりました。

 CIMG0097.jpg ここまでの収穫です。並みサイズでなくて、小さめの品種にしてみました。

 CIMG0087.jpg キュウリもネットの頂上に達して、収穫はやや少なくなってきました。まだ次の地這いキュウリは収穫に至りません。

 トマト1.jpg トマトはこのように実をつけています。茎や葉に比して実が多いです。脇芽をせっせと掻いています。

 CIMG0079.jpg 赤くなって、収穫が始まっています。私はトマトの栽培も食べるのも好きですので、失敗はありませんでした。

 CIMG0066.jpg ナス、と藍

 CIMG0069.jpg 草刈りした直後です

 CIMG0067.jpg 右側が地這キュウリ、左が冬瓜。冬瓜の発芽・生育にはとても高い温度(30℃)が必要だと、改めて知らされました。

 CIMG0086.jpg ゴーヤもネットの頂上に達しましたが、まだまだツルが少ないです。もうすぐゴーヤトンネルになるでしょう。

 CIMG0089.jpg ズッキーニ、収穫に波が出てきました。

 CIMG0090.jpg 高いものは1mになっていますが、こうなると、実が大きくなるのに時間がかかります。しかし地這いさせていれば、茎が折れてしまっているでしょう。

 CIMG0093.jpg サトイモ、草刈り前です

 CIMG0095.jpg 山芋も元気です。

 CIMG0091.jpg 堆肥を散布していた畝を耕耘しました。ここは秋キャベツを植える予定になりました。数日前にキャベツの種まきをしました。

 CIMG0096.jpg 収穫できたプリンスメロンです。きれいなのは思ったよりも少なくて、出荷は1回きりになりそうです。

 CIMG0092.jpg 半島の中央に漢方薬製造工場があって、そこから発酵の進んだ搾りかすをこのように畑まで運んで降ろしてくれています。農場へは特に配慮してくれていて、ありがたいことです。

 釣りです

 CIMG0077.jpg グレ2、アイナメ、カサゴ。グレはおいしいです。

 CIMG0083.jpg アイナメがたくさん来ましたが、小さいのは即座にリリース。

 その他の話題 

 SNSを控えめにすること 前回に少しだけ情報過多について触れましたが、インターネットが広がって、様々の情報があふれるようになりました。スマートフォンで支払いの決済までできるというか、まるで必需品のような位置づけがされています。歩きながらのスマホは普通の景色になったようです。私、最近畑でケータイを失って、見つかりません。もう契約を打ち切ろうかとしていますが、止められています。高齢者にはスマホの操作はむつかしそうです。

 twitterやfacebook、ご覧になっていますか。同じような関心や趣味の人たち、あるいは著名人・タレントの書き込み発言に「nice」や「いいね」をクリックしていますか。毎日のように書き込んでおられる人もいます。

 私はしばらくはこれらへのアクセスは控えようと思うようになりました。「weak ties」(ウィーク タイズ)、このようなSNSでの関係を説明している言葉です。日常には影響するほどの関係までにはつながらない、弱いつながりを言うのですが、しかし、そこまでアクセスするためにかかる時間やエネルギーがもったいないというか、他にすることはないのか、と思うに、都市の人たちは時間をもてあましているのでは、とも感じます。周りの知人の動向を知ったからといって別に何にも(まぁ励ましにはななっているのでしょうけど)。

 SNSで視野は広がらないどころか、狭くならないでしょうか。新聞を読んだりする方が知識も視野も広がるようにおもいます。直接対面して話す聞くこと、これから遠ざかっていっていないでしょうか。

 そのような「弱い関係」を広げることはもうやめて、少数のブログを拝見して、親密になってコメントを交わしていくスタイルをこれまで選択していますし、これでいいかな、と思うようになりました。時代から遠ざかるかもしれませんね。でもいいんです。もう高齢ですし。ただ、人との交流には心掛けていきたいと思います。

 画像は検索されないこと 前回のブログ更新後にアクセス数が5倍以上になりました。これはブログの後半にグタグタと長い文章を書いたのがグーグル検索にかかって上位に出た可能性があるようです。あくまで文章や言葉が検索ツールに掛かったためで、画像はまったく無視されているようなのです。それで、今回もちょっと書いてみました。 

nice!(17)  コメント(4) 

梅雨真っただ中・晴れ間に収穫と雑草処理

 6月末になって、ようやく全国的に梅雨入り。週間天気予報は連日の雨マーク続きです。

 DSCN0001.jpg 元気なのは猫と

 DSCN0008.jpg ワンコですね。

 DSCN0006.jpg 毎朝、カボチャとズッキーニの授粉ツアーですが、山の畑への山道がこんな具合です。30数年前までは両側はすべてミカン畑だったのですが、今は竹林になってしまい、この時期に毎日のようにタケノコを蹴飛ばしています。

 DSCN0007.jpg 瓦などを私が敷いています。雨の後数日はこの山道には車で入らず、歩いて行きます。車では横すべりすることもあり、危ないです。

 野菜畑の様子

 DSCN0003.jpg ズッキーニ、上の結びまで地上52センチに達しています。根元の先が枯れた葉は切り落としています。

 DSCN0004.jpg 左がササゲ(30センチ以上になる細いインゲン)、右が収穫中のモロッコインゲン。

DSCN0005.jpg ようやくナスが大きくなりました。今年はなぜか一番果が実らなかったです。

 DSCN1017.jpg カボチャの収穫。ミニばかりですが、60個収穫。あと少しで出荷できますが、半分の苗が不調です。

 DSCN1025.jpg 山芋も伸びて、ネットを越えつつあります。

 DSCN1037.jpg プリンスメロンは直径12~15センチのものが80個くらいついています。総合して160個くらい取れそうです。栽培は比較的簡単ですので、自家菜園でもできると思います。種はサカタにあります。

 DSCN1038.jpg ゴーヤもネットの頂上に達しようとしています。

 DSCN1041.jpg トマトの複数本仕立て(ここでは3本仕立て)です。1本仕立てだと、5段房で2m近くに達しますが。3本仕立てでは10段くらい収穫できます(株間は90センチ必要です)。

 DSCN1032.jpg 山のカボチャ畑の草引き。カボチャでは初期の雑草対策ができておらずに、手作業の草処理になりました。ここは葉も大きく元気です。

 DSCN1016.jpg ネギの畝間に幅40センチの耕運機で草処理できました。

 DSCN1026.jpg 左奥が冬瓜、右は地這キュウリで、畝間にわらのゴザを敷きました。かんきつ類の防寒用のものです。地主さんの倉庫にあるものを使っています。これでかなり雑草を抑えることができそうです。

 DSCN1035.jpg サトイモの畝間も半分はワラござと枯草敷きです。半分は草刈り作業で片付けです。

 DSCN1034.jpg ソラマメなどの跡地をトラクターで耕耘、そこに堆肥を散布しました。運搬車とシャベル作業です。今の畑の面積では手作業が限界ですが、しかしこれ以上の大型農機具を導入するのは負担増になるので、このままの状態で続けます。

 DSCN1040.jpg おしまいに、私が使っている誘引ツールの紹介です。左の2つが「しちゅうキャッチ」で黒が16ミリ支柱用、白が20ミリ支柱用です。50本セットで1000円(25本セットもあります)。ただし、トマトの根元には太くなりすぎて、途中ではずさないといけなくなります。モノタロウなどの通販利用。

 他にコメリで「誘引キャッチ」というネットやひもへの誘引ツールもありますが、支柱への誘引はできません。価格は同じくらいです。

 その右側が「ビニタイ」で300本の15センチ長の針金にビニールかぶせたもの。なんでも結ぶことができる格安品。格安でも収穫後の回収が必要です。

 その右側はキュウリネットで1.8m幅・18mのものが100円程度(目合い18センチ)。幅は3,6m、4,2mなどいろいろあります(コメリでも置いてあります)

 お魚情報

 DSCN1021.jpg 左からグレ、アイナメ、タナゴ2匹。(26日)

 DSCN1045.jpg ギンボ、アイナメ2

 回遊魚はフグが多くて、エサや針を切られますので、ちょっと困ります。(28日)


 その他の話題

 60歳からの老後生活には年金の他に2000万円の生活費が不足するとの政府の報告書ですが、そんなに貯金がある人、周りにはいないです。

 私は、ちょうど真ん中の74歳で、今の貯金はわずかに40万円。その理由として、私は新規就農者であるので、農地の取得のためにご出資いただいたオーナーに年金から100万円ずつ8,9人に(出資額の半分程度ですが)返済し続けたためです。農機具類もある程度は揃えないといけなかったし。しかし、出荷場や鶏舎は自作です。

 これではいけないと思い、1日千円の小遣いとして、貯金に精出そうとしたわけです。私などはあと15年で90歳だが、そこまで生きたいとは思ってないしで、この先、どないなるんやろなぁ。自分のことよりも、懸念されるのはその後の地球自然環境の行方です。

 便利な生活とAI 、原発  知多半島南部は美浜町と南知多町で、いたるところに太陽光発電のソーラーパネルが並んでいて、景観を害したり、住宅地に隣接して反射光が住宅にかかっています。また風力発電の羽根の回転フリルが住宅の窓に映るほど近接しているものもあります。再生エネルギーと呼ばれていて、原子力発電からは世界的に撤退の方向であり、再生エネならいいのか、でなくこちらでは自然環境破壊状態です。南向けの傾斜にパネルが並んでいたり、見えない山頂にもあります。「遊んでいる土地」という感覚ですが、山もまた生物の住処で、無用ではありません。月末に畑に赤トンボが飛んでいますが、乱舞というほどの数ではなく、とても少ないです。福島の原発の炉心がどうなっているのか、まだわかっていません。原発の安全維持は人知を超えていたのではないか、採用してはいけない技術だったのでは。再生エネも環境破壊を進めています。

 そもそもエネルギー消費量が多すぎるのではないか。都市の生活はもう飽和状態のような豊かな暮らしのはずですが、一方では不安定な非正規雇用が広がっています。「経済成長」のためのリニア工事としか思えませんが、これだって、環境破壊を起こしかねない。レジ袋やペットボトルなどのプラスチックごみ(輸出)が世界の海を汚し、海洋生物の脅威になっています。処理できないのに使用を拡大したからでしょう。

 今後50年100年で人口が半減することが予想されていて、人口減は地球環境保全からは望ましいと思います。地球自然環境がいつまでも人や生物の生存を保障し維持できれば、なんとか人は生きていけるのではないでしょうか。これ以上の便利さはもう望まないこと、つましく生きていくしかないのでしょう。

 これは、複雑で広範囲な問題で、書き尽くすことができませんので、これくらいで止めておきます。

nice!(17)  コメント(6) 
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村