So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年10月| 2018年11月 |- ブログトップ

11月に半袖の「小夏日和」

 11月になっているのに、最低気温が10℃以下になったのは数日で、この後も中旬半ばに9℃8℃予報です。最高気温も20℃を越えていて、小春日和でなくて、夏の暑さです。街ではアイスがよく売れているみたい。野原はアワダチソウとススキが競合しているだけで、何も変化がありません。

 畑の風景

 DSCN0174.jpg 11月出荷用の里芋の収穫です。茎の根元を切って、子芋の頭出しをします。それをシャベルで掘り起こして

 DSCN0175.jpg 親芋から子芋孫芋を離して、ひげ根を抜いて、しばらく乾かします。1か月分は4杯80キロ用意します。あと3回分畑にありますが、これらは掘り出して保存せずに、そのまま畑に残して越冬させます。このほうが痛みが少ないようなのです。

 DSCN0176.jpg ソラマメのウネの両側に支柱を差して、ネット棚を付ける作業です。25mウネが6列あります。

 DSCN0177.jpg ネットの幅に合わせて、150センチ間隔で両側に差していきます。支柱は200本以上で、これだけでも半日がかりです。

 DSCN0178.jpg それから、ネットの棚を高さ50センチ程度で、延ばしていきます。「フラワーネット」という資材で、規格はいろいろあります。

 DSCN0179.jpg このようになります

 DSCN0184.jpg ソラマメの全景です。ネット張りも半日ではできず、二日がかりのさぎょうになりました。ネットの棚はソラマメの茎が網目上にのびて倒れないような工夫です。

 DSCN0185.jpg 山芋の出荷2回目分

 DSCN0188.jpg ネットで守った小松菜

 DSCN0189.jpg もう数日で収穫できそうです

 DSCN0190.jpg ニンニクが発芽を伸ばしています

 DSCN0192.jpg ネットの中のキャベツにはヨトウムシの害が目立ちましたので、ネットをはずして捕殺2回。これだけウネ間に草が生えると、ネットを土中に潜らせるのは無理なので、もう一度テデトール捕殺をします。半分くらいは無傷でした。

 DSCN0191.jpg 夏野菜の片付け後に堆肥散布。こちらではこのようにウネの中心に帯状に散布しています。全面散布していません。

 DSCN0187.jpg 温州ミカンの収穫です。極早生‣早生種を200キロ収穫。まだ500キロくらいとネーブル・伊予かんがどれだけあるかわからないけど300キロくらいでしょうか。ところが数日前にそのミカン畑の地主さんが「ミカン畑を養豚場が設備拡大のため買いたい、とのことで、収穫は今年限りでお願いします」と言われました。これはちょっと残念なのと、これで私の作業分が少なくなっていくので楽になるのではないかなぁ、という思いがあります。ちょっと整理できていないです。苗木を自分の山の畑に移植することはできますが、その後の作業には自信がないです。

 これまでと同じペースではとても作業できないし、だんだん老化が進んでいる自覚がありますね。

 DSCN0193.jpg 毎週月曜木曜が出荷日です。農場では大手の生協などの取引先はなくて、レストランや一般消費者への直送によって、野菜を供給しています。このように宅配便の箱詰め、送り状アドレス印刷と送り状貼りなどの作業です。

 DSCN0194.jpg それで、野菜についてはフリーマーケットや朝市などに出ずに済んでいます。ただ、周りの若い有機農業者たちではまだ消費者がついていないので、朝市などに出ているようで、経営的にどうなのか心配しています。出荷の応援もしていますが。

 DSCN0186.jpg 寛太郎くん、youtubeの童画を見ています。(私のパソコンです)

 釣りと海

 DSCN0181.jpg アイナメ 大小2匹

 DSCN0183.jpg セイゴ、うーん、今一つです。結局、私の釣り方に無理があります。防波堤からの釣りで大型中型狙いなのですが、これが無理筋かもしれません。秋のシーズンは終盤で、冬の根魚に変わりそうです。

 DSCN0182.jpg アオサギは海にも来るんですよ。

 秋も冬も暖かいのはいいのですが、ちょっと暑すぎます。来月は12月ですよねぇ。冬は来るのか心配です。

 

nice!(15)  コメント(6) 

2018年10月|2018年11月 |- ブログトップ
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村