So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年09月| 2018年10月 |- ブログトップ

10月に夏日36℃も

 36℃とは新潟三条市です。こちらでも30℃近くまで上がって、日向ではとても作業できる温度ではありません。6~8日が暑かったです。台風も地震も多い年です。こんな異変は今年だけであってほしいのですが、温暖化の現象ならば今後も続くとの指摘も少なくないのが心配です。インドネシアの地震津波で死者千人以上も悲惨な被害です。

 それでも秋

 DSCN0114.jpgこの地方には接近しなかったはずの台風25号の余波(10月6日)

 DSCN0125.jpg どこの柿の木もどっさり実をつけています。そして・・・

 DSCN0095.jpg 庭にやってきましたアサギマダラ

 asagi3.jpg asagimadara.jpg アゲハほどは大きくなく、中くらいです。これが私のアイコンです。台湾まで渡りをします。この町も、その中継地なのでしょう。

 野菜畑では

 DSCN0123.jpg 畑のネットの中で、白菜などの発芽、2番手です。1番手は植えてあって半分以上が消えました。どの農家も困っています。

 DSCN0121.jpg 遅れていた大根2番手、種まき後の発芽です。

 DSCN0117.jpg 倒れたり折れたりしたネギの草取りをして土寄せ、回復を待ちます。

 DSCN0088.jpg ネットの中のキャベツの芯に入っていた芯喰い虫アワノメイガ。これはもう成長ストップです。

 DSCN0127.jpg サツマイモが収穫開始

 DSCN0119.jpg イモ類は大丈夫でした。

 DSCN0101.jpg 山芋、昼間でも深いところはライトで見ます。60センチの深さ

 DSCN0108.jpg 長いのは2セット分です。山芋は野菜というよりも山菜の位置づけなので、とても喜ばれていると思います。

 太陽光発電現場

 DSCN0091.jpg 建設中です

 DSCN0092.jpg 手前は敷地準備中

 DSCN0093.jpg奥は1番目の場所ですが、下にも広がっています。

 太陽光・風力発電などの再生可能エネルギーは安心安全・コスト安と思われていましたが、電気生産が不安定で夜間・曇りや風無しでは発電しないので「基礎電源」としては機能しないばかりでなく、発電しない時間に電力の需要供給のバランスを守るために火力発電などの予備代替発電が必須です。欧州では再生エネは20%を超えると停滞しており、25%以上増加しません。火力などの調整代替発電が同じ規模で必要となるため(再エネが稼働中は稼働しないが、稼働しない時間に稼働させるための発電)、結果的に割高な電力になるのが理由のようです。電力のベースとしては機能しないので原子力発電の替わりにはならないのです。

 海と釣り

 DSCN0118.jpg セイゴ、大きいのが出ました。

 DSCN0105.jpg 台湾ガザ三とクロダイ

このガザ三がよくかかりますが、陸に引きあげられません。

 DSCN0116.jpg

 DSCN0115.jpg

 DSCN0089.jpg

DSCN0099.jpg

 太陽光発電や風力発電の問題をいろいろ調べてみて、さらに地球温暖化で自然災害が増えていることを合わせると、人類がエネルギーを使い過ぎていることを知らされます。私は農業生産にはほとんど電気は使っていないが、軽トラには乗っている。日常的にもシンプルなのだけれど、どうしたらいいのか、もう少し考えてみます。

  最近、私は周りのアラフォー世代の若い人たちからは「おとうさん」とよばれるようになっています。農場の代表でなくなったこともあり、「農場のおとうさん」という意味かも。たまにですが、魚をあげることでつながりができたのでしょうか。

 また、寛太郎くんの写真が撮れませんでした。

  

nice!(17)  コメント(6) 

2018年09月|2018年10月 |- ブログトップ
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村