So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

農閑期なのに2月も忙しい

 2月中旬の前半は最高気温が5,6℃と上がらず、昼間も冷たい風が吹いていて寒かったです。15日も朝には薄く雪が残っていました。後半は少しずつ気温が上がって、7,8℃くらいでした。下旬の予報も月末の三日間は最低4℃~10℃、最高11℃~14℃と、ポカポカ陽気になりそうです。

 梅の木の気象予報

 20180219 004.jpg こんな咲き方です

 20180219 005.jpg 枝の蕾が一気に開いて、満開状態になると、この年は順調な天候が続くのですが、だらだらといつまでも咲いているというのは不順な天候になる予兆です。今年も日照不足になるのでしょうか。

 バレンタインのチョコ

 20180219 001.jpg 娘たちから。真ん中のは「大吟醸」入り

 20180219 006.jpg 毎年いただける管理栄養士の方からのプレゼント。もう見るだけでおなかが一杯です。(連れ合いがほとんど食べてまう)

 倉庫解体が進む

 20180219 007.jpg 前回に紹介しました、最初の倉庫の解体の模様です。まだ屋根のトタン剥ぎの段階です。手前は二階の床です。

 20180219 008.jpg まだ桐の枝がかかっています。

 20180219 009.jpg それでも私は屋根から落ちることなく、トタン板は全部剥いで落としました。この後は側面のトタン剥ぎ、ついで屋根材木を抜いていく予定です。

 この2階の床に散乱しているのは書物類で、若い頃からの書物がほったらかしになっていたのを片づけたら、収穫コンテナ10ケース以上に。燃やすのも大変だと思い、クリーンセンター(ゴミ焼却場)へ持っていけばリサイクルされるかとも予想したんだけれど、結果的には「燃えるゴミ」扱いで深いところに投げ込まれました。著名な作家の本もあったけれど、惜しみなく処分しました。50歳前後から以後は蔵書を持たないようにして読後には全部人に上げて手元に残さないようにしてきましたので、読んだ本の在庫はこれでありません。

 野菜畑では

 20180219 010.jpg 小松菜の仲間で「食べたい菜」というのが品切れで手に入らないので「味美菜」というのを植えました。

 20180220 001.jpg こういう菜っぱ類は途中まではいいのですが、もうちょっと大きくしてから収穫・・・という段階でトウダチしてしまうんですよ。早め収穫です。春は野菜が少ないので貴重です。

 20180220 002.jpg カリフラワーとミニキャベツ

 20180220 003.jpg こんな感じで定植です。300株ずつ。秋まき春取りのキャベツ「富士早生」は育ちませんでした。まだ原因がわかりません。

 20180219 011.jpg 不作というよりも、寒さで痛めつけられたのが、スナップエンドウとサヤエンドウでした。この二つは昨日30株ずつ苗を購入しました(800円ずつ)。左の実エンドウは寒さにも強くて、追加植えしないですんでいます。

 畑はまだこんな状態です。気温が上がるので、ソラマメやタマネギにも潅水しました。

 20180220b 001.jpg 気温が上がって、潅水したので、ニンニクの葉が上向きになりつつあります。

 テントウムシ1.jpg ソラマメのウネでテントウムシも出てきました。

 

20180219 003.jpg 2月9日も風が治まったので、釣りに出たんですが、魚の反応・当たりが全然ありません。ヒトデが2つだけ。寒いから魚も穴の中から出て来ないみたい。もっと暖かくなってから・・・と思うものの、春は農作業で忙しいんです。写真は南国の風景・椰子の木。(しかし、椰子の実は付かないです)

 今は冬季オリンピックです。日本勢は大健闘してますね。不調だけれど、アメリカのチェンのフリーもすごかったです。羽生の読み方:(はにゅう)は埴輪の粘土で東日本出。(はぶ)は種子島のハブ(ヘビ)が語源だとかで西日本出。将棋の藤井6段もすごいなぁ。

 「文芸春秋」に芥川賞2作が出ているので、買って読んでいます。やっぱ、芥川賞は面白くないね。前の「コンビニ人間」は少し楽しめたですが、この2作はそんなに面白くなかったです。そんなこんなで、農閑期なのに私は忙しいです。

 昨年秋にいただいていた文庫本は半分以上読んで、人手に渡しましたが、「炎立つ」(高橋克彦 講談社文庫 5巻)がまだ半分程度です。東北の蝦夷(えみし)、物部氏)(の末裔)がどのように滅びたのかは、私は知らなかったし、坂上田村麻呂が征討したというだけしか知りませんでした。高橋克彦氏にはアテルイの小説もあるし、ここは知っておきたいと思いますので、読みたい本が増えました。

 また、先日新聞に「イサベラ・バードの日本紀行記」が今再評価されて読まれているとの大きな記事が出ていましたが、これは全部読んでいます。アイヌの記述が詳しかったし、私はカナダのイヌイット、オーストラリアのアボリジニと同様に、北海道の先住民で狩猟採集民アイヌもとても温和な人たちだったという印象を持っています。東北や北海道、もっと国の保護・補助があっていいはずです。

nice!(23)  コメント(10) 

金沢豪雪・私の誕生日・農場の始まりは

 2月の上旬には、金沢付近積雪136センチで国道8号線で自動車1500台が渋滞しました。この地方はおよそ30年に1回は豪雪になっています(ですから異常気象ではありますが、気候変動とまでは言えないかと)また6日深夜台湾に震度6強の大地震で高層ビルが傾き、倒壊の恐れが続いています。まるで阪神大震災のような風景ですが、死者は一桁程度で比較しても少な目。日本からも救助隊がかけつけました。

 20180206 029.jpg こちらでは枝垂れ梅の蕾がふくらみ始めました。

 20180206 014.jpg ずっと最高気温5℃程度の低温が続くだけでなく、海上はこのように風も強く波も高めでした。(それで釣りができませんでした)

 20180206 020.jpg この季節、野菜畑は特に変化はなくて、温床のタネからネギ類、菜っぱなどが発芽し始めています。ここでは電熱マットが使われているので、このように発芽状態は良好です。畑の準備はこれらの苗を植える場所ですね。

 農場はここから始まった

 20180206 027.jpg 38年前、農場はここから始まりました。山の中の、開いてみれば北向きの傾斜地でした。ここに鶏舎を建てて鶏を飼い始めました。

 20180206 026.jpg 何も経験がないまま、倉庫を自力で(ノコギリとハンマーだけで)建て、直径2メートルの攪拌機、飼料をここで保管していました。(しかし写真は現在のもの)5年ほど、ここで鶏を飼いましたが、電気も水もない不便さで続かず、その後現在地に移動できました(動力・電灯は発電器で。鶏舎の夜回りはコールマンのランタンで)。  

 20180209 002.jpg その後、農資材倉庫として使っていましたが、十数年前の知多半島直撃の台風により、周りの杉の木、桐の木が屋根に倒れかかり、屋根が大破しました。役場にお願いして重機で降ろしましたが、屋根はこんな風に。杉も桐も直径50センチの幹が屋根に数本被さったのですが、とても手作業ではできません。なにしろ、そのころも新たな別の畑の開墾作業なども続いていて、手が回らなかったこともありました。

 20180206 022.jpg ここまで痛むと解体も危険ですので、建設した私が一番状況に詳しいため、私が解体することに(人に頼むと経費がかかりますし)。

 20180209 001.jpg このようにまずトタン板からはずし始めています。ここは解体して更地にしても、特に使いたい用途はないのですが、ほおっておくわけにもいかないし、で、ゆっくり解体作業を進めています。

 73歳の誕生日

 2月4日が私の誕生日です。35歳の時に脱サラ就農しましたので、38年目になります。上の写真のように、屋根に登って解体作業をしながら、当時をあれこれ思い出していました。この建物、なんと1部2階建てなんですよ。2階が休憩室でした。また、囲炉裏の部屋まで作ったんですね。そこは都市からの訪問者にはとてもうらやましがられたりしました。鶏飼いも野菜作りもなぁんにも経験がないのに挑戦した、おそろしいくらいの若気の至りではありましたね。

 20180206 024.jpg マグロ尽くしの盛り合わせ、鰹のたたき、かに味噌の瓶詰め、

 20180206 028.jpg サザエの壺焼き、堅い身はスライスしていただきました。家族のプレゼントです。

 私には2月は盆と正月が一緒に来るようなものでして。直ぐ後にはバレンタインもありますしね(9日に早くもチョコ第一陣をいただきました笑)。

 農場の現在は、農場内の農産物生産と直接販売でなんとか経営が持続できていて後継者に渡せそうです。若い頃の創生期の方が経営的には厳しかったのですが、それでもその時代の方が楽しかったと思います。 老いは右肩下がりのようにはやって来なくて、 ーーーーー↓_____のように一旦ガタンと落ちて、また同じように続きそうです。これまでやれた作業が突然出来なくなるんですね。私、2階の屋根に登ることがもうできなくなっています。それでも過去の経験と蓄積した知識で、判断力は若い頃よりも高まっています。、しかし、それを生かせる場所がないです。

 海と貨物船の風景

 20180206 012.jpg 鳥寄せしている海辺の喫茶店。座席から鳥まで1メートル程度です。

 20180206 016.jpg これくらいの波でも貨物船は何ともないみたい。

 20180206 018.jpg 

 20180206 007.jpg 下の方で海上の雁行です。100メートルくらい続きました。

 20180206 006.jpg とは言うものの、鳥の種類はわかりません。

 20180206 031.jpg 知多半島で一番の海の見所は南知多町豊浜(とよはま)から羽豆岬(はずみさき)までの道路からの景色です。しかし、このルート部分では駐車出来る場所も少なく、喫茶店もありません。ただ通過するのみ。途中に大旅館「花の丸」と「美舟」があります。この道路で北上すると海鮮料理・魚介類販売の「魚太郎」が途中にありますので、海鮮丼とかしらす丼などを昼食にすると、安上がりで快適なレジャーになりますね。

 4日には、1日中釣りでもしようかと思っていたのですが、風も強く波も高くて釣り日和ではありません。天は私に味方せんかった(なんでやねん笑)。それで遅れて9日に寒かったけれども風が弱いので釣りに出かけたのですが、まるで魚がいないように当たりも反応もありませんでした。巷は3連休のようですので、天候次第で、もう一日釣りができたらなぁと思います。

 一方、トラクターが1台、寒くて始動せずに、バッテリーが上がりかかってしまい、軽トラとつないで始動できましたが、離すとまた動かない。明日(10日)やってみます(細かい作業がだんだんできなくなってきています)。

nice!(22)  コメント(11) 
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村