So-net無料ブログ作成

春雨が続いて気温上りそうです

 2月19日は朝から雨になりました。この後、下旬も雨予報が数日ありますので、気温も10℃以上が続いて、春めくようです。

 町や野原の風景

 セキレイ.jpg 畑を耕耘すると、きっと寄ってくるセキレイ

 DSCN0450.jpg 紅梅も満開近い

 DSCN0449.jpg 砂浜で野球部員が訓練しています。

 DSCN0479.jpg 内海川の鴨たち(雨中です)

 畑などの様子

 DSCN0462.jpg これは隣の自家菜園の極早生タマネギです。早いです。畑の周りに防風林があるので、霜も降りにくいようです。

 DSCN0474.jpg 私が使っている畑は広くて吹きっさらしなので、寒さと霜で枯れたエンドウ

 DSCN0481.jpg 枯れた茎・根を抜き取り、新たな購入苗を補植しました。最初から苗を買えばいいでしょうが、毎年売ってるとは限らないんで、やはり種まきから始めています。もっと遅めの種まきと防寒をすべきでした。

 DSCN0470.jpg 春野菜に続いて、夏野菜の用意。マルチを張っています。ここはカボチャ予定。左はサトイモ予定。

 DSCN0480.jpg トマトやキュウリ、ゴーヤなど。左3ウネは高うねでマルチは手作業張り、山芋予定です。このようにマルチの上に土盛りしないと、強風ではがれてしまうことがあります。でもシャベルでの盛り土は手作業なので、腰に来ます。

 DSCN0475.jpg 冬には、道具の手入れ。鍬類に折れた長柄を取り替え。白いのは雨が入らないようにコーキング剤塗り。鍬類も柄を取り換えず、新品を買っても200円程度高いだけなので、修理が不合理とも思えるけど、買い換えたら、元の鍬先がゴミになってしまうし、もったいない感があります。

 左の刈払い機は、1万5千円程度で10年近く使ったので調子がよくないんだけど、いろいろ部品(プラグ、プライマー、アクセルワイヤー)を変えて試していますが、今日の午後に最後だと思ってあれこれ試したら、エンジンがかかった!もう一台排気量25ccのを持っているのだけれど、これは20㏄で軽いので腰に負担がかからないのです。買い替えはずっと後になるし、捨てずによかった! 自分へのお祝いに午後もコーヒーを飲みに行きました(雨だし)。 

 DSCN0453.jpg 他に、別宅の庭裏の柿の木、栗の木の枝をこのように薪サイズに切って

 DSCN0458.jpg 倉庫に運んだものの、使い道がないです。それでもこんな片付け方しかできません。古いヤツとお笑いください。

 DSCN0454.jpg 広大な太陽光発電のソーラーパネル

 DSCN0459.jpg 道路脇に100メートルも続いていて、すぐ横には住宅もあります。いずれも農地でしたが、もう農地に戻ることはないでしょう。やはり太陽光発電(風力発電も)は住環境、自然環境破壊を起こしていますし、天候次第なので発電が不安定だし、いつでも賛同はできません(原発は論外として)。一方、住宅の屋根上に置く3Kwのソーラーパネルは工事費込みで100万円以下になっていて、これならまだましです。

 海と貨物船

 DSCN0468.jpg 喫茶店の窓から

 DSCN0469.jpg 大型コンテナ船

 DSCN0452.jpg カモメです。

 DSCN0467.jpg ここは鳥寄せに餌やりをしていますので、1メートル離れて海鳥を見ることができます。畑、川や海辺の鳥を見ると癒されますね。


 3人のU氏の見識

 私はfacebookとtwitterにも目を通していましたが、どちらも自己PR的な主張ばかりのように感じられて、あまり見なくなりました。新聞雑誌の記事で読んでいるのは、3人のU氏です。

 内田樹(うちだたつる)氏 http://blog.tatsuru.com/ 内田氏の無料ブログです。様々な政治・社会問題についての文章に啓蒙されます。ここを読むだけでもきっと有益だと思われるでしょう。サイトの登録をお勧めします

 内山節(うちやまたかし)氏 群馬県上野村に在住しておられ、山村からの発信です。http://www.uthp.net/ このホームページでは 文章が掲載された新聞・雑誌などが紹介されています。東京(中日)新聞、「現代農業」に連載があります。

 上田紀行氏(うえだのりゆき)氏 東京工大教授 文化人類学者 毎日新聞に連載有り。
https://gansupport.jp/article/series/series01/series01_01/13491.html (鎌田實氏との対談は有益です)


 このブログとは別に「半生記」を書き始めました。まず農業を始める前の35歳までをA4/10.5サイズ活字で8ページになりましたが、これはプライベートな内容なので、公開は無理ですが、時々差支えのない程度でお話しするかもしれません。

 今日は午前午後とも雨で、農作業が出来ず、ブログの更新ができました。

nice!(16)  コメント(5) 

nice! 16

コメント 5

夏炉冬扇

こちらもお昼過ぎまで雨で、リズムが狂いました。
床屋に行きました。
by 夏炉冬扇 (2019-02-19 18:21) 

mutumin

20年前、オール電化にした我が家ですが、最近は薪ストーブにしたくなっています。システム的に簡単に出来ないけど・・・
時々ただ暖かい暖房なだけでなく、火が見たい!火の暖かさを感じたくなって来てるんですよ。こういう薪、捨てられない気持ちわかります。
私は何も畑準備してないけど、そろそろ種も買わないとなぁ~・・・
by mutumin (2019-02-19 22:21) 

ラック

お近くだったら我が家の薪ストーブ用に頂いたところですが。
こちらの周囲にも無秩序にソーラーパネルがあちこちに設置されて
いますがこれから様々な弊害が出てくるでしょうね!自然のエネルギー利用は良い事ですが山の木を切ってしまったら木による保水が
無くなり周囲が暑くなりそうです。

by ラック (2019-02-21 11:46) 

やおかずみ

気温が上がり、雨も多くなって急に春めいてきましたね。
by やおかずみ (2019-02-21 15:06) 

とりのさとZ

昨日も鍬の折れた長柄を付け替えました。大した工具もないので、時間がかかりました。3本で半日。後半日はカリフラワーの定植でした。

夏炉冬扇さん
 その日はこちらも1日中雨でした。ところで、私40年近く床屋に行ったことがなく、伸びた髪をハサミで切ってきました。よく切れるハサミならできますよ。

mutuminさん
 薪の束は、夏にでも山の露天風呂に使えるかなぁと思っていますが、これまでの癖でのんびりしていいのか、と迷ってしまいます。貧乏性なんですね。
 春夏野菜の畑の用意はできて、一部移植しましたが、夏野菜の種まきは月末か3月初めです。

ラックさん
 隣県なら薪はリレーでお渡しできるのに、遠すぎますね。
 太陽光発電や風力発電は天候任せなので、ベースとしての発電にはならず、1日の消費電力で増えた分だけにしか使えません。大容量の蓄電池が開発されないと無限に作れるものでなく、その範囲までだと思います。地面にバラス(小石)を敷くと、もう農地には戻りませんし。

やおかずみさん
 もう昼間はずっと10℃以上の予測で、最低気温も3,4℃、時に7℃くらいです。雨も春の雨出優しいです。
by とりのさとZ (2019-02-22 11:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村