So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2019-01-10

 2019年(平成31年)も十日目になりましたので、ある程度は正月気分も抜けているでしょうか。テレビでは番組2,3時間の正月特集がまだ続いていますし、年明けの「福袋」をまだ売っている店があるようです。あなたのお正月、いかがでしたか。歳末・元旦にはやばやと年賀・niceをいただきました。ありがとうございました。


 DSCN0365.jpg 2日の昼前に次女とフレンドがいらして、そのまま初詣に出かけました。隣町・美浜町の「野間大坊」へ。ご本尊は釈迦三尊です。写真の背中が私の連れ合いと次女たち。元旦は何してた? それは一番下ですが。

 DSCN0364.jpg ここは敷地・駐車場が広い上に、このように出店・屋台がたくさん並ぶので、人気があります。本殿は画像の左上に見えています。連れ合いはおみくじオタクなので、画像左の誕生日おみくじはもちろん買います。甘栗も買って、おみくじをいくつも買ったり、その後、地区の産土(うぶすな)神社である冨具神社でお守りキーホルダーを買い、そばの喫茶店で休憩して、戻ります。

 新年は別宅で

 DSCN0367.jpg おせち料理は、町の日本食料理店から購入しました。2段。この他に次女が用意してきた単品もあり、雑煮もあって、たくさん残りました。

 別宅とは: 昨年連れ合いの母親が逝去されて、遺産を相続したのですが、そのままではほとんどが相続税として納めることになるので、農場の管理棟の塗装をしたり、この中古住宅(美浜町内)を購入したわけです。期間が短くて、もっと近くの物件を見つけることができなかったようです。しかしながら、二重生活は年寄りには負担で、毎朝夕に車で本宅(道具などを置いてあります)に通うのが煩わしいです。

 DSCN0369.jpg お刺身は生マグロで、和歌山県那智勝浦に住む三姉が毎年ブロックを送ってくれます。冷凍でないことが写真でもお解かりだと思いますが、やはり魚のおいしさは鮮度でしょう。昨秋に長姉が87歳で亡くなったので、私の兄弟姉妹は4人となり、他に福岡の次兄は明太子を、大阪の二姉が缶ビールを送ってくれます。それらは農場からの野菜や果物への返礼でもありますが。
 ところが、三が日に次女たち以外に来客がなくて、かなり後まで二人でお節料理を食事し続けました。私達は二人とも高齢者であるので、友人知人も同じような年代に上がり、なかなか外出がしづらくなっているようです。家族以外の来客がなかった正月は初めてでした。
 イノシシ受難

 亥の年すなわち猪の話題です。中部地方の方はご存じでしょうが、昨年12月までに岐阜県と愛知県北部(犬山市)で、豚コレラが民間養豚場や公立飼育場で発生し、合わせて8千頭が処分されました。そのコレラ菌が野生のイノシシに感染し、飼育場での捕殺を含めて80頭が野外死亡確認・処分されました。岐阜県には2万頭のイノシシがいると推定されていますが、年明けに感染が広がらないことを祈るばかりです。

 農作業開始

 DSCN0376.jpg 歳末から手がけていたキウイの枝剪定作業を続けています。これは剪定前の枝の様子。

 DSCN0377.jpg 粗剪定を終えると、このように空が見えるようになりますが、まだ不十分で、枝をワイヤに結ぶ段階でも切り落とす枝があります。枝が重ならないように切るべきなのですが、これが過去にできていないので、混み入っているんですね。ところで、新年から腰が痛み始めました。なんだろうか、と思うに、剪定ハサミのパチンパチンと切る振動が腰に来たようなのです。湿布剤を貼ってしばらく様子を見ます。

 DSCN0379.jpg キウイの作業を休憩して、柑橘の収穫作業を11日予定です。伊予柑と

 DSCN0378.jpg 晩白柚(ばんぺいゆ)の収穫作業です。晩白柚は直径20センチにもなる最大の柑橘ですが、摘果をしなかったので、そこまで大きくなりませんでした。厚い皮をピールジャムにするとおいしいです。

 DSCN0370.jpg これは山芋のタコ足根です。植えた根にたくさんのベビーが付いたのでしょう。根はひとつであることが望ましいです。

 DSCN0380.jpg ソラマメ、摘芯作業をしたり、マルチの下に伸びている芽を外に出しました。

 DSCN0374.jpg 赤いのはサビダニ(野菜ダニ)です、ソラマメの根元にいたので、つぶして行きました。ソラマメはこの寒さでも大丈夫らしいけれども、エンドウは伸びすぎて枯れ始めているものがあります。種まき時期を遅くしないといけないようです。または伸びた茎を切り落とすとか。


 DSCN0372.jpg 隣町・美浜町上野間海岸に建設された風力発電。住居まで40メートル程度。地元でも反対運動があるが、止める手段があまり無いけれども、住民が反対しているとの意志を示し続けるようです。

 DSCN0363.jpg ところで、元旦は風が弱くて、なんとか釣りができそうだったので、午後に出かけましたら、6匹来てくれて、2日のお節に花を添えることができました。

 北風が強い季節ですが、風が弱い日を予報で調べてました。4日午後も1匹だけ。10日午後はアイナメ2匹、カニはかかったけど、上げることができません。他にフグも。その日は出荷作業の日でもあり、お手伝いさんにもらわれていきました。

 今年の賀状には、「終活」という言葉が目立ちました。60代後半から70代前半の人たちが私たちの知人なのですが、私のように農業自営とは違って、都市の例えばマンション生活では定年後には居場所・動く先が限られてしまうようです。また30代後半から40代の新規農業参入された人たちからは感謝の言葉をいただいて、微力ながら役に立てているかなと思いました。

 こうして、私の正月が終わりましたが、次の農作業が待っています。

nice!(15)  コメント(7) 

nice! 15

コメント 7

mutumin

良いお正月でしたね。天候も穏やかだったんですね。ことらは年末からずっと雪ばかり。。。半月ぶりに明日から3日お日様マークが見えて嬉しくなっています。が、気温は最低気温-7℃の寒さ。雪降らないだけで仕事が減るので嬉しいです。
by mutumin (2019-01-11 07:13) 

夏炉冬扇

晩白柚、去年剪定しすぎて、今年はなってないです。残念。
by 夏炉冬扇 (2019-01-11 13:05) 

とりのさとZ

12日朝からキウイの剪定と枝結び作業をしていたのですが、ちっともはかどらず、昼前に気温が低くて冷たく、帰ってきたら寒暖計が5℃を指していました。

mutuminさん
 そちらは雪の中のお正月でしたか。こちらは穏やかな正月で、慌ただしいということはありませんでした。で、今は農作業中ですが、寒波が厳しいです。

夏炉冬扇さん
 かんきつ類の剪定は、冬の間は控えめにして、春につぼみが出た段階で花を残すように剪定すると失敗が無いと思います。
by とりのさとZ (2019-01-12 12:12) 

やおかずみ

新年早々腰痛とは・・・。あまり無理をなさらず、くれぐれも御自愛ください。
by やおかずみ (2019-01-12 16:34) 

とりのさとZ

やおかずみさん
 新年早々と、ご心配をかけました。少しずつ回復しているようで、長引かないで済みそうです。
 今、朝9時前や午後3時半過ぎでは手が冷たかったり、日陰が寒かったりで能率があがりませんが、なんとか進めています。
by とりのさとZ (2019-01-14 12:36) 

ラック

自然を相手にしたお仕事は待ったなしにやる事がありますね。
大変な作業が続く中の収穫はまた格別の想いが有る事でしょう!
by ラック (2019-01-15 10:22) 

とりのさとZ

ラックさん
 農業は自営業で、給与生活者でないので、自分で生産販売計画を立てて、農産物を育成するのですが、さすがに70代半ばになると、作業能率が上がりません。しかし、お話のように、なんとか目標(に近い)収穫質量が上がると、ホッとしますね。

by とりのさとZ (2019-01-15 11:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村