So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

9月中旬はまだ夏の暑さ

 暑いです。19日でも最高30℃ありましたが、早朝は20℃くらいに下がってちょっと寒いです。昼間はこの気温でも少しでも遅れている作業を進めてはいますが、なかなかはかどりません。その暑さの中、秋らしい景色もあります。

 DSCN0052.jpg 彼岸花が畑の脇に出ました。

 DSCN0053.jpg この造形は芸術だと思います。

 DSCN0028.jpg 台風21号で並木の間のビワの木が倒壊しました。若夫婦は圧倒されたみたいで、誰も片づけないので、私が処理しました。倒れたのは他に牧の木、2本だけで、たいした被害ではないですが。

 野菜畑では

 DSCN0029.jpg キャベツや白菜に防虫ネットを張ります。

 DSCN0037.jpg ここは年内取りキャベツです。

 DSCN0045.jpg カボチャ畑の片付けをハンマーナイフで。しかし、まだマルチシートを剥がしていないので、トラクターは入れません。

 DSCN0043.jpg これがハンマーナイフモアという草刈り自走機ですが、畑で半月も雨ざらしにされていたので、調整に半日かかりました。こんな使い方をしてはいけない。プラグを変えたり、オイルを追加したり、グリスを塗ったりして、なんとか普通に動くようにできました。スターターコイルが重いですが、それは30年も使っているから、だとのことです。カバーも穴だらけでツギハギしていますし。

 DSCN0046.jpg 畑の車通路もきれいに草刈りできました。

 DSCN0044.jpg ここもそうです。スムーズに普通に動けば能率がいいマシンですね。

 DSCN0054.jpg 地這いキュウリ跡の片付け。マルチシートの剥ぎ取りは手作業です。生分解性マルチというのがあるのですが、高いので買えませんでした。200mが5千円ですし。通常のものは1400円くらいです。

 DSCN0055.jpg マルチシートを敷いているウネにはハンマーナイフモアを使うと、シートが粉々に粉砕されるので、剥がしてから雑草を燃やしています。燃やさないで乾いた雑草をすき込むのが、炭素の地中固定でもあり、いいのですが、なかなか全部はできないです。

 DSCN0038.jpg 大根やカブを蒔いた畑は草にまみれてしまっています。草取りして助けないといけないのに、できません。なぜなら、

 DSCN0047.jpg ようやくミカン園に出掛けました。こんな様子。

 DSCN0048.jpg ミカンの木にアサガオやヤブカラシが上って覆っているんです。

 DSCN0049.jpg 昨日から半日ずつその葛の片付けをしています。この後、小さい果実を摘果します。

 海と釣り

 DSCN0031.jpg 15日。3連休の土曜日でもサーファーがこんなに。9月ですよ。

 DSCN0030.jpg いつもの防波堤ですが

 DSCN0039.jpg 鵜が羽根を乾かしていました。

 DSCN0040.jpg 釣りに出るのは、雨の日で、農作業ができそうにないからです。上の右のキスは18センチ。他はセイゴです。

 DSCN0041.jpg 右は黄ビレというクロダイの仲間です。下に舌ヒラメが入っています。私の釣りは2重の楽しみがあります。釣れた楽しみと、それを周りの人たちに分けてあげて喜ばれるという楽しみです。乗り合い船を使わない防波堤の釣りなので、経費は餌代(1日500円程度)だけですし。今年はセイゴの当たり年でもあり、平均して15匹は釣れていますので、もっと出かけたいのですが、雨の日が釣り日和です。

 台風はその後も発生して、23号がフィリピンに上陸、死者60人以上と。アメリカでもハリケーンの被害が大きいようです。今後が心配されます。

nice!(14)  コメント(5) 

nice! 14

コメント 5

mutumin

 こちらでは彼岸花見かけないです。彼岸花は鼠が嫌うらしいです。

セイゴって、スズキの子だったんですね。こちらではフクラゲと言ってます。美味しいですよね。刺身で食べるのが好きです。
この頃寛ちゃん、登場して来ませんねぇ・・・たまに大きくなった姿見せてね!
by mutumin (2018-09-19 22:17) 

夏炉冬扇

彼岸花の季節。
夜中から雨です。ニンニクと秋ジャガの畝つくりの予定狂いました。
by 夏炉冬扇 (2018-09-20 07:27) 

とりのさとZ

ミカン園のカズラ払い三日目、雨中の作業1時間でしたが、あと1日で片付きそうです。今日明日雨なので、2時間ずつくらい釣りに行ってきます。

mutuminさん
 彼岸花、東北にはないのでしょうか。
 セイゴ、お刺身にできるサイズは今年はまだ釣れていません。これからですね。
 孫の寛太郎くん、写真は撮ってあったのですが、ちょっとぶれてしまったんです。でも家じゅうで一番元気です。

夏炉冬扇さん
 こちらも彼岸花は更にひろがっています。
 秋植えは、ニンニク、秋じゃが、ソラマメ、エンドウなどですが、秋じゃがは(連作を避けるのに)植える場所がないので、今年はパスしました。
by とりのさとZ (2018-09-20 11:39) 

やおかずみ

暑く成ったり、涼しく成ったり、雨が降ったりややこしい
秋ですね。でも彼岸花だけは、確実に秋を伝えています。
by やおかずみ (2018-09-22 10:58) 

とりのさとZ

やおかずみさん
 台風24号が発達して近づいていますが、まだ進路はわかりません。
この時季、彼岸花の話題;知多半島半田市は童話作家新美南吉の古里で、300万本の彼岸花が咲く土手があります。新聞には真っ赤な花園の写真が出ます。
by とりのさとZ (2018-09-24 17:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村