So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

10月に夏日36℃も

 36℃とは新潟三条市です。こちらでも30℃近くまで上がって、日向ではとても作業できる温度ではありません。6~8日が暑かったです。台風も地震も多い年です。こんな異変は今年だけであってほしいのですが、温暖化の現象ならば今後も続くとの指摘も少なくないのが心配です。インドネシアの地震津波で死者千人以上も悲惨な被害です。

 それでも秋

 DSCN0114.jpgこの地方には接近しなかったはずの台風25号の余波(10月6日)

 DSCN0125.jpg どこの柿の木もどっさり実をつけています。そして・・・

 DSCN0095.jpg 庭にやってきましたアサギマダラ

 asagi3.jpg asagimadara.jpg アゲハほどは大きくなく、中くらいです。これが私のアイコンです。台湾まで渡りをします。この町も、その中継地なのでしょう。

 野菜畑では

 DSCN0123.jpg 畑のネットの中で、白菜などの発芽、2番手です。1番手は植えてあって半分以上が消えました。どの農家も困っています。

 DSCN0121.jpg 遅れていた大根2番手、種まき後の発芽です。

 DSCN0117.jpg 倒れたり折れたりしたネギの草取りをして土寄せ、回復を待ちます。

 DSCN0088.jpg ネットの中のキャベツの芯に入っていた芯喰い虫アワノメイガ。これはもう成長ストップです。

 DSCN0127.jpg サツマイモが収穫開始

 DSCN0119.jpg イモ類は大丈夫でした。

 DSCN0101.jpg 山芋、昼間でも深いところはライトで見ます。60センチの深さ

 DSCN0108.jpg 長いのは2セット分です。山芋は野菜というよりも山菜の位置づけなので、とても喜ばれていると思います。

 太陽光発電現場

 DSCN0091.jpg 建設中です

 DSCN0092.jpg 手前は敷地準備中

 DSCN0093.jpg奥は1番目の場所ですが、下にも広がっています。

 太陽光・風力発電などの再生可能エネルギーは安心安全・コスト安と思われていましたが、電気生産が不安定で夜間・曇りや風無しでは発電しないので「基礎電源」としては機能しないばかりでなく、発電しない時間に電力の需要供給のバランスを守るために火力発電などの予備代替発電が必須です。欧州では再生エネは20%を超えると停滞しており、25%以上増加しません。火力などの調整代替発電が同じ規模で必要となるため(再エネが稼働中は稼働しないが、稼働しない時間に稼働させるための発電)、結果的に割高な電力になるのが理由のようです。電力のベースとしては機能しないので原子力発電の替わりにはならないのです。

 海と釣り

 DSCN0118.jpg セイゴ、大きいのが出ました。

 DSCN0105.jpg 台湾ガザ三とクロダイ

このガザ三がよくかかりますが、陸に引きあげられません。

 DSCN0116.jpg

 DSCN0115.jpg

 DSCN0089.jpg

DSCN0099.jpg

 太陽光発電や風力発電の問題をいろいろ調べてみて、さらに地球温暖化で自然災害が増えていることを合わせると、人類がエネルギーを使い過ぎていることを知らされます。私は農業生産にはほとんど電気は使っていないが、軽トラには乗っている。日常的にもシンプルなのだけれど、どうしたらいいのか、もう少し考えてみます。

  最近、私は周りのアラフォー世代の若い人たちからは「おとうさん」とよばれるようになっています。農場の代表でなくなったこともあり、「農場のおとうさん」という意味かも。たまにですが、魚をあげることでつながりができたのでしょうか。

 また、寛太郎くんの写真が撮れませんでした。

  

nice!(17)  コメント(6) 

明日台風24号猛接近

 猛烈な台風24号が日本列島を縦断する予報で、こちらでは明日30日・日曜日午後から暴風雨になる見込みです。どうなるのかわかりませんが、どちら様も十分お気をつけてください。事前の警戒と言っても、ここまででも何度も暴風雨に遭っていますので、何もできないです。


 野菜やミカン畑の様子

 DSCN0074.jpg サトイモの収穫作業開始です。25m×7ウネありますが、出荷一か月分ずつ掘り出しますので、すべて手作業になります。まず、茎を根元で切って、マルチシートや潅水チューブを剥がします。

 DSCN0075.jpg 頭出しをしてシャベルで掘り起こし、親芋からはずして、ひげ根を取り払います。コンテナ3杯分ありました。芋のサイズは大きめですが、ちょっと少なかったです。でもこの作業は激しくて、とても1日ではできませんでした。

 DSCN0072.jpg サトイモの葉の上にイトトンボのつがいがいました。見たのは初めてです。

 DSCN0069.jpg 秋冬野菜の用意の続き。ここではウネ幅140センチの中央に帯状に堆肥を(端に映っている運搬車で)シャベル散布していて、全面散布はしていません。それで少ない堆肥量で済んでいます。

 DSCN0084.jpg 堆肥散布後にもトラクター耕耘して、マルチシートを張ったり、直播きします。ここで、手押し種まき機が故障したので、修理に出して、作業ストップです。

 DSCN0083.jpg ネットの中の白菜。この時季、ネットを張っても虫の害はあります。害虫の攻撃が激しいのですね。

 DSCN0060.jpg ミカン畑、樹を覆っていたアサガオなどのツルを払い、

 DSCN0077.jpg 小さいミカンの実を落として、摘果しました。蚊が多くて、長時間作業できませんでしたが、なんとかここまでは出来ました。表作なので、収穫量は多いみたいです。ネーブル、伊予かん、晩白柚もあります。

 住宅そばの風力発電装置に反対集会

 DSCN0066.jpg 23日に隣町・美浜町奥田で風力発電・太陽光発電を考える集会・イベントが開かれました。

 DSCN0064.jpg ピクニックや出店もあって、楽しそうな雰囲気でした。ここから風力発電の現場まで15分ほど歩きます。

 DSCN0068.jpg 住宅まで数十メートルしかないので、影響があるのは確実ですが、工事は止まったままです。法的にも止める手段はなくて、このような集会を重ねて、住民の意思を伝えていくしかありません。

 私の農場の周りでは太陽光発電のパネルが何か所も並んでいます。景観が変わってしまっていますが、私は原子力発電の再稼働阻止・廃炉のために再生エネルギー拡大は必要だとも思うので、複雑な心境です。

 海と釣り

 DSCN0057.jpg 先週釣れたセイゴの姿がなくて、右からグレ、アイナメ、カサゴ2。でも27日はセイゴ6,7匹。

 DSCN0080.jpg 28日、右が黄ビレ、セイゴ3.少な目の成果です。台風が来るので、しばらくは釣りが出来なくなります。里芋収穫作業がきつくて、暑さも残っていて農作業ができないので、骨休みの釣りです。

 DSCN0058.jpg それでも煮魚や塩焼きとして食卓に出ます。

 DSCN0059.jpg クレーン船

 DSCN0079.jpg

 DSCN0078.jpg 今夜から明日にかけて台風が通過予報です。皆様、繰り返しですが、警戒怠りなきようお願いします。

nice!(18)  コメント(10) 

9月中旬はまだ夏の暑さ

 暑いです。19日でも最高30℃ありましたが、早朝は20℃くらいに下がってちょっと寒いです。昼間はこの気温でも少しでも遅れている作業を進めてはいますが、なかなかはかどりません。その暑さの中、秋らしい景色もあります。

 DSCN0052.jpg 彼岸花が畑の脇に出ました。

 DSCN0053.jpg この造形は芸術だと思います。

 DSCN0028.jpg 台風21号で並木の間のビワの木が倒壊しました。若夫婦は圧倒されたみたいで、誰も片づけないので、私が処理しました。倒れたのは他に牧の木、2本だけで、たいした被害ではないですが。

 野菜畑では

 DSCN0029.jpg キャベツや白菜に防虫ネットを張ります。

 DSCN0037.jpg ここは年内取りキャベツです。

 DSCN0045.jpg カボチャ畑の片付けをハンマーナイフで。しかし、まだマルチシートを剥がしていないので、トラクターは入れません。

 DSCN0043.jpg これがハンマーナイフモアという草刈り自走機ですが、畑で半月も雨ざらしにされていたので、調整に半日かかりました。こんな使い方をしてはいけない。プラグを変えたり、オイルを追加したり、グリスを塗ったりして、なんとか普通に動くようにできました。スターターコイルが重いですが、それは30年も使っているから、だとのことです。カバーも穴だらけでツギハギしていますし。

 DSCN0046.jpg 畑の車通路もきれいに草刈りできました。

 DSCN0044.jpg ここもそうです。スムーズに普通に動けば能率がいいマシンですね。

 DSCN0054.jpg 地這いキュウリ跡の片付け。マルチシートの剥ぎ取りは手作業です。生分解性マルチというのがあるのですが、高いので買えませんでした。200mが5千円ですし。通常のものは1400円くらいです。

 DSCN0055.jpg マルチシートを敷いているウネにはハンマーナイフモアを使うと、シートが粉々に粉砕されるので、剥がしてから雑草を燃やしています。燃やさないで乾いた雑草をすき込むのが、炭素の地中固定でもあり、いいのですが、なかなか全部はできないです。

 DSCN0038.jpg 大根やカブを蒔いた畑は草にまみれてしまっています。草取りして助けないといけないのに、できません。なぜなら、

 DSCN0047.jpg ようやくミカン園に出掛けました。こんな様子。

 DSCN0048.jpg ミカンの木にアサガオやヤブカラシが上って覆っているんです。

 DSCN0049.jpg 昨日から半日ずつその葛の片付けをしています。この後、小さい果実を摘果します。

 海と釣り

 DSCN0031.jpg 15日。3連休の土曜日でもサーファーがこんなに。9月ですよ。

 DSCN0030.jpg いつもの防波堤ですが

 DSCN0039.jpg 鵜が羽根を乾かしていました。

 DSCN0040.jpg 釣りに出るのは、雨の日で、農作業ができそうにないからです。上の右のキスは18センチ。他はセイゴです。

 DSCN0041.jpg 右は黄ビレというクロダイの仲間です。下に舌ヒラメが入っています。私の釣りは2重の楽しみがあります。釣れた楽しみと、それを周りの人たちに分けてあげて喜ばれるという楽しみです。乗り合い船を使わない防波堤の釣りなので、経費は餌代(1日500円程度)だけですし。今年はセイゴの当たり年でもあり、平均して15匹は釣れていますので、もっと出かけたいのですが、雨の日が釣り日和です。

 台風はその後も発生して、23号がフィリピンに上陸、死者60人以上と。アメリカでもハリケーンの被害が大きいようです。今後が心配されます。

nice!(13)  コメント(5) 
前の3件 | -
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村