So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

夏野菜伸びています。西日本梅雨入り遅れる

 前のブログで、東北南部まで梅雨入りと書いたのですが、これは間違っていました。西日本(九州南部、中国四国、近畿地方は、まだ梅雨入りしていません(20日現在)。今後も晴天続き、雨は27.28日のようで、水不足が心配されています。

 新潟・山形地震。18日夜10時半頃、震度6強。梅雨時で瓦が落ちると、雨漏りがします。片付け、ごくろうさまです。死者が出なくてよかったです。

 DSCN1012.jpg ビワをいただきました。こちらも農家から分けていただいていて、野菜セットや単品でもお届けしています。

 梅雨時と言えば、アジサイなんですが、ようやく咲き始めたようです。バラツキがあるようで、きれいな場所がなかなか見つかりません。

 野菜畑の様子

 DSCN1008.jpg ズッキーニの根元はこんな感じです。16ミリ支柱2本で茎をはさむように差します。このように茎を巻いて、下の方の葉の付け根を切り取りますと、根元がスッキリしました。ヘチマサイズの取り忘れがなくなりました。

 DSCN0993.jpg トマトの全景です。1段目のトマトの実も目立っています。

 DSCN0994.jpg 大玉トマトもなんとか3本仕立てで進めています。ただ、葉の色がまだ少し淡いです。

 DSCN1006.jpg 3本仕立ての様子です

 DSCN0997.jpg 右のモロッコインゲンが収穫始まり。左の十六ササゲもツルが出始めました。

 DSCN0999.jpg サヤが見えています。

 DSCN0992.jpg ゴーヤとキュウリ ゴーヤは上にも横にも広がっていて、

 DSCN0991.jpg キュウリは収穫ができています。2本仕立てでやってみます。

 DSCN0995.jpg プリンスメロン、早いものは実が大きくなっています。収穫はまだ先です。

 DSCN0985.jpg ソラマメ、種用です。250粒確保しました。農家や自家菜園主が自分で種を採ることが禁止されようとしています。モンサントなどの大手種苗業者の権利擁護目的のようですが、農家もそんなに多くの人が種を採っているわけでありません。F1種なんて使えないしね。しかし、罰金1000万円とはあんまりだ。日本はアメリカのような広域大規模栽培ではないので、大量の種を確保しないですが、稲の種もみくらい、いいじゃないですか。 

 DSCN1004.jpg そのソラマメ畑とニンニクウネを片付けです。ハンマーナイフという雑草を粉砕する農機はあるんだけど、どこの畑に置いてあるのか、わからないので、手作業になりましたが

 DSCN1011.jpg それでも一部トラクターで耕耘できました。この後、堆肥散布に進めます。左上にトラクター。

 海と釣り

 DSCN0981.jpg エイが泳いでいるんです。南方系の魚。

 DSCN0990.jpg 釣れたのはこれだけ。根魚で、回遊魚はフグばかりでした。そばをエイが泳ぐし、鵜が小魚を飲み込んでいるしで不漁。畑の隣の自家菜園主に差し上げました。

 毎朝一番で進める作業が「授粉ツアー」で、山の畑のカボチャ40株はもう草に負けそうです。「樫木(かしのき)」の畑には、カボチャ100株、ズッキーニ40株。ずっと気温が低くて、授粉数が中折れ状態で少なかったのですが、まずズッキーニが回復傾向に。カボチャはこれからでしょう。このツアーも毎日なので、飽きて疲れますね。夏野菜が少しずつ収穫が始まっているので、畑に来るのは気分がいいです。ナスは遅れて伸びています。総じて、この春は低温傾向でした。

 炎天でのトラクター耕耘作業などで、20日は夕方5時まで畑にいましたが、疲れました。まだ明るいのに帰って来ました。とても1日中は働けない年齢になったようです。

nice!(15)  コメント(5) 

梅雨入りで農作業も停滞

  7日に、日本列島は東北南部まで梅雨入りしたようです。

 週間天気予報.jpg 雨マーク予報が一週間続きましたが、8日だけは晴天になりました。こんな予報では畑の農作業の予定も立てられないです。

 DSCN0947.jpg ジュウヤク、またはセンブリという薬草です。この時季に根ごと抜いて乾燥させて、煎じ薬として使われます。

 DSCN0944.jpg 竹林に囲まれた山のミカン畑に毎日、竹の芽が出るのを蹴飛ばしたり、根を切ったりしています。太目のは破竹ですね。

 DSCN0940.jpg ツバメの仔が6匹も。親も大変だなぁ。

 野菜畑では

 DSCN0943.jpg 光の関係ですが、それでもカボチャの葉が黄ばんでいるので、調べると水分不足およびそのため養分を吸い上げきれない肥料不足と説明されているので、マルチを少し剥がして、堆肥を散布しましたが、なんとか回復してほしいです。

 DSCN0966.jpg ネギ類。九条ネギに根切り虫の害が広がっていて、茎の根元を切られたものがたくさん出たので、回復を早めるために、ここにも堆肥を散布しました。最初にこの畑にタマネギの苗を植えた時以来の被害です。

 DSCN0954.jpg サトイモが快調です。

 DSCN0956.jpg ズッキーニ、収穫が始まりました

 DSCN0955.jpg これは種取り用です。ヘチマよりも大きくして、完熟させて種をとります。

 DSCN0957.jpg トマトが伸びています

 DSCN0968.jpg 大玉トマトの実

 DSCN0969.jpg まだまだ、これからです

 DSCN0970.jpg キュウリ

 DSCN0967.jpg もう数日で収穫始まり

 DSCN0974.jpg 2番手の地這いキュウリ苗の移植

 DSCN0972.jpg ヤマイモが伸びています

 DSCN0975.jpg 画像加工でこんなに変ります。画像ソフトは「Jtrim」です。 

 DSCN0960.jpg ナスはまだ実が出ない。

 DSCN0961.jpg かなり大きくなってはいます。

 DSCN0962.jpg インゲンがネットの高さに、ササゲはまだツルが出ていません。

 DSCN0964.jpg 冬瓜

 DSCN0965.jpg まだまだ小さいです

 DSCN0976.jpg 晴天の8日に夕方までかかって掘り出したニンニク。翌9日が雨になってしまい、濡らしてしまいました。小ぶりのものが多かった。掘っている土が乾いた砂状でした。春は雨が少なかったが、潅水が不十分だったようです。

 その他の話題

 DSCN0977.jpg 午前中2時間も私のパソコンを占有して、童画を見ています、寛太郎くん

 DSCN0942.jpg 最近の釣りの成果 防波堤では竿頭なのですが、差し上げてもちっとも驚かない人もいますよ。

 DSCN0948.jpg 梅雨入りした7日の砂浜

 DSCN0949.jpg 人影がありませんが、夏には海水浴客で溢れるのです。

 DSCN0934.jpg 中型の貨物船

 今年はソラマメ、カボチャ、そしてニンニクの成績不良を見て、ここ10年くらい、葉面散布が出来ていないことに気が付きました。HB101のような植物由来活力剤を散布していた時は(当たり前なんだけれども)普通に育って、病気や生育不良が起きなかったのです。エンジン付きの噴霧器も持っているけど、しばらく使っていませんでした。天候不順の折には効果的なので、生育初期に散布を再検討してみます。(活力剤20L入りを持っています)

 雨が続くと畑作業が出来ず、私は身の置き所がないです。釣りもできないので、読書。

nice!(17)  コメント(5) 

5月の夏日、授粉ツアー

 5月24,25,26,27日が北海道を含み、全国的に夏日になりましたが、こちらは半島南部でもあり、3方が海なので、28℃、29℃くらいになり、30℃超えにはなりませんでしたが、暑かったです。

 そんな日は、午後4時から散水を1時間すると、野菜も弱ることなく、夕方の低温時になっていきます。暑い中、午前午後とも1時間程度、あれこれ細かい作業をする程度でした。


 DSCN0869.jpg この時季、道端に広がるのが キンケイギク(金鶏菊)です。特定外来生物に指定されているのですが、

 DSCN0871.jpg 鮮やかなオレンジ色の花で、花びらの先はギザギザです。外来種は在来種を抑えるので、駆除するべきだというのが通説ですが、同じ外来種のノボロギク、アレチノギク同様、広がってしまっています。車を停めて駆除、とは中々ならないようです。

 野菜畑の様子

 連続夏日の翌日28日は朝から雨になりました。雨の中のデジカメでしたので、ちょっと撮りづらかったです。

 DSCN0852.jpg ソラマメ、最終的には半分くらいがなにか病気のようになってしまいました。夏日以前の散水が原因かなと思いましたが、周りはどこも不作のようでした。

 DSCN0916.jpg サトイモは快調です

 DSCN0920.jpg このように伸びると安心できます。

 DSCN0901.jpg キュウリ

 DSCN0902.jpg 伸びてきたので、下から5,6段の雌花、芽を摘芯して、ネットに誘引しました。

 DSCN0911.jpg 地這いキュウリの発芽です。2番手のキュウリは1番手のキュウリの開花時に種まきするとされています。

 DSCN0923.jpg  左はツル無しモロッコインゲン、右のナスは、このように支柱を1本だけ垂直に立てました。茎は花を中心に3本仕立てなのですが、重い実ではないので、なんとかなっています。外に広がらないようにひもで支柱とつなげることになります。株間75センチ程度。3本の茎から出る芽は2段残して、摘心します。

 DSCN0907.jpg 移植時から大きく伸びています。

 DSCN0899.jpg ズッキーニは、このように茎を挟んで2本支柱を立てて、写真のように支柱を巻くように結ぶのが簡単だとわかりました。支柱は高さ120~150センチ。この方法、農業書にもありません。途中経過はあとで。 DSCN0888.jpg トマトの全景です

 DSCN0897.jpg 3本仕立てにしましたが、大玉トマトで3本は厳しいようです。2本仕立てが安全でしょうか。

 DSCN0904.jpgヤマイモのツルが上り始めています。

 DSCN0913.jpg ネギ畑。もう畝間を耕さないといけないけど、耕運機が使われていて空いていません。

 DSCN0917.jpg カボチャもツルが伸びはじめて、

 DSCN0918.jpg 小さな実を付けています。

 DSCN0893.jpg 4,5日前から、朝いちばんで、ズッキーニとカボチャの授粉ツアーです。離れた3か所の畑を回って授粉しています。今のところ、ズッキーニ5個、カボチャ10個程度です。この後、2か月くらい授粉ツアーが続く見込み。朝9時前に終わるようにしています。カボチャ100株、40株、ズッキーニ40株

 DSCN0909.jpg左が十六ササゲ、右がツルありインゲン。

 DSCN0912.jpg プリンスメロンも広がっています。

 その他の話題

 DSCN0892.jpg この間は潮加減が悪くて、釣りには出ていません。それでも読書はしています。小説類です。元大学教授ご夫婦が送っていただけるのです。故葉室麟氏の時代小説がいいです。つい夜更かししたり、明け方に読んだりしています。雨の日は昼間も読むことがあります。

 DSCN0856.jpg 寛太郎くんは、ずっと機関車トーマス君のファンです。

 DSCN0854.jpg 海の写真はこれだけです。

 少し前に、「小遣い1日千円」宣言をしたのですが、朝のコーヒー代・タバコ代だけで、農作業の小物とか、釣り餌・針なども必要で、ちょっときびしいので、月額1万円程度を追加して、預金のペースを緩やかにしてしまいました。野菜苗の追加購入もあったしねぇ。

 人生百年時代で70歳まで働け、とは都市生活者には厳しいですよね。ファントムやオスプレイばかり買って、社会保障に回さないんだ、この国は。実際、私もいつまで現役でいられるのか、見通しもつきませんが、リタイアしても居場所はなさそうですから、畑作業を緩やかに続けることになりそうです。

 22日の夕方に、名古屋市内の病院へ入院されている方のお見舞いにいらして、その後こちらに寄っていただいた、愛知県の友人2人と、はるばる高知県からのご夫妻があり、別宅にて夕食と歓談できました。40年以上の知人ばかりで、こちらにも見学応援にいらしたこともあって、とても懐かしい思いでした。私は世間も狭いので、色々助言していただきましたが、十分話し込んだとは思えず、時間が足りないほどでした。でも楽しかったです。私の農場はこのような人たちのご協力があって、維持できているので、再会はとてもありがたいことでした。

nice!(16)  コメント(5) 
前の3件 | -
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村