So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ

前半は空梅雨

 6月7日に梅雨入りした後、翌8日が雨だったほかは曇りと晴天の連続です。関東地方には多少雨があったようですが、こちらの予報では、21日~23日に雨マークになっています。この間、畑では毎日のようにせっせと散水し続けました。その様子は下にあります。


 20170618 014.jpg ストレッチャーまたは極楽鳥花 こちらでは観葉植物ハウス栽培も盛んだったのですが、今は少なくなっています。

 20170618 019.jpg ヘビの嫌いな人、ごめんなさい。ヘビの恋愛(交尾)です。

 畑の様子

 20170619 008.jpg まず、キュウリから。高さが1.5mを越えてきました。通常は1本仕立てなのですが、今年は1.5本仕立てをやってみました。もう少し低い時から、2本目も伸ばしてみましたが、今のところ、いいようです。

 20170618 007.jpg JAの「ときわかぜみどり」という品種。

 20170619 012.jpg もう収穫期に入っています。

 20170619 014.jpg これは2番手のキュウリ苗。1番手が開花したら種まきです

 20170619 013.jpg ズッキーニ、小さめだと味が薄いようです。

 20170619 015.jpg ズッキーニの2番手苗。緑と黄色が一緒になってます。

 20170619 011.jpg ナスはきれいに生長しています。

 20170619 007.jpg 今のところ順調です

 20170618 009.jpg もう少し気温が上がってくれると大きくなるのに。

 20170619b 001.jpg スイートコーンの穂が出始めました。これまでは虫対策はほとんどできなかったのですが、穂の先におがくずが出ているものを見つけて、アワノメイガの幼虫退治をしてみましたら、2ウネで10匹以上をつぶせました。もう少し続けてみます。退治すれば被害は少なくなりますし。

 20170619 005.jpg 右がニガウリ。まだ雌花が少ないです。

 20170619b 003.jpg 雌花とニガウリのベビー

 20170619 004.jpg トマト3ウネ。右がミディアム、左は大玉の福寿

 20170618 005.jpg 実はしっかり付いていますが、心配はカラスです。

 20170619 002.jpg サトイモ、畝間は雑草が茂っていますが、低いので大丈夫でしょう。マルチ下の散水チューブも水圧をかなり低くしたので、もう破れることはないでしょう。

 20170619 003.jpg 春野菜の片づけ跡に堆肥散布。秋の初めの端境期に収穫できるように用意したいのだけれど、連作との関係もあってマメ科を植えられないです。

 20170618 003.jpg 防虫ネットは1.8mあるので、二つ折りして巻いて片づけますが、結構手間がかかります。こうしないと、保管に場所を取ります。

 20170618 002.jpg 中古の15馬力のトラクター購入。30万円でしたので決断

 20170618 001.jpg 畑の面積が1町歩を越えたので、パワーのあるトラクターが必要と判断。代替わりの時期でもあるし、置きみやげかも。

 20170618 012.jpg 寛太郎くんとオババ。


 海と貨物船

 20170618 015.jpg 大洋フェリー

 20170618 018.jpg 窓越しに写すとぼけてしまいます

 20170618 024.jpg 伊豆半島沖で米軍イージス駆逐艦に衝突したのは名古屋から向かっていた大型コンテナ船とのことで、私が写しているかもしれません。


 ここまでの夏野菜はだいたい順調ですが、カボチャのツルがのびないです。それで、雌花も少なく、細いツルでは実が落ちてしまいます。まだこれからなので、期待したい。雨も降らない夏日が続いたので、散水し続けました。私の担当エリアは上のような生育状態です。

6月7日に梅雨入り その対策は

 7日の夜中シトシトと翌朝まで降り続いたようですが、8日の午後には止んで日が差しています。これで40日くらいの長い梅雨が続きます。だいたい6月10日前後~7月20日前後までが標準的な梅雨時季ということですが、毎日雨というわけでもないので、作業計画が立てづらいです。


 野の風景

 20170608b 003.jpg 季節は、ツツジ・サツキからアジサイに交替しています。

 20170608b 005.jpg 水色のアジサイはきれいです。

 20170608 007.jpg 道端のキンケイギク。特定外来生物に指定されています。葉が細く立っているので、見分けられると思います。畑によくでてくるナガミヒナゲシも外来なのですが、これは「特定外来生物」に指定されていません。

 20170608 018.jpg 野生のビワ。今年はビワがこのようにどこにでもあるようなのです。高校への通学路にも枝を伸ばしていますが、誰も取りません。栽培されているのは、1房を2個程度に間引いて、袋懸けしてあります。もう収穫が始まっているようです。

20170608 020.jpg 町のあちらこちらにこのような木の手作り標識があります。ずいぶん凝っています。背景はボランティアグループによる花壇です。

 畑の様子

 20170608 001.jpg 春キャベツも収穫が終盤です。

 20170608 002.jpg チンゲンサイの代わりに栽培している「たべたい菜」という小松菜系の野菜ですが、この秋冬用の種が「品切れ」なのだそうです。困ってしまいました。代用品を探してはいますが。

 20170608 003.jpg チンゲンサイは葉っぱの付け根が堅いのですが、これは全部柔らかいので、採用していたんです。

 20170608 008.jpg 左:ズッキーニ、右:地這いキュウリの2番手苗。ズッキーニは自家採種、キュウリは低価格ですから、負担ではありません。ズッキーニは移植しました。

 20170608 010.jpg プリンスメロン、早いものはここまで、ですが、まだちょっとです。野菜でありながら、果物ですので、栽培を続けているんです。

 20170608 009.jpg ソラマメ畑の片づけ作業です。

 20170608 026.jpg フラワーネットをはずし、支柱を抜き、茎を抜き去り、マルチシートを剥いで、このように。来年の栽培用に種取りをします。

 20170608 015.jpg 鞘が黒く、堅くなってから切り取って、サヤからはずします。

 20170608 019.jpg 1日、日光に当てて(裏返して)水分を飛ばします。乾燥すると小さめになりますが、これで1寸ソラマメです。1寸ソラマメは1粒30円くらいするので、300粒も使うことができませんが、自家採取ならフリーで利用できます。

 20170608 013.jpg ナスの支柱立て。3本仕立てなのですが、1株に3本も支柱を用意できません。1本だけ支柱に結び、残りは雪吊りのようにします。

 20170608 017.jpg ネギの根元の草引きをしていると、根切り虫が時々見つかります。

 20170608 031.jpg なんとか梅雨入り前にネギの草引きと土寄せを終えることができました。

 20170608 023.jpg 草引きは暑い午後の作業だったので、その間にワンコは涼しい日陰でお休みです。私は暑い中での仕事(汗)。

 20170608 028.jpg サトイモ、発芽がそろいました。ただ、ここまでに散水チューブが4カ所も破れました。来年は強度を1ランク上げるつもりです。サトイモも種芋は自家採取です。

 20170608.jpg カボチャ。このところ毎朝カボチャとズッキーニの授粉作業をしています。カボチャ100株に、これまでに300個授粉しました。400個は収穫出来そうです。

 20170608 033.jpg トマト。株間1メートルですから、そんなに多くないんですが、3本仕立てなので、高さが90センチ程度でも花が6段ついています。トマト、キュウリ、ナスは毎日のように見回って、摘心やネット・支柱への誘引作業があります。神経を使い面倒な作業ですね。

 20170608 029.jpg ミディアムトマト、大玉もしっかりついています。

 20170608 030.jpg ズッキーニの種取りです。2個程度を最後まで収穫せず残します。中が溶けるまで置いておきますと、プックリした種ができます。1個から200粒以上でます。高い種の代表はカボチャ(1粒50円)ですが、どの品種から種を取ったらよいのか、まだわかりません。一度F1白皮カボチャを数年掛けて選別したのですが、その間にF1の長所がなくなってしまい、おいしくなくなってしまったということがありました。


 20170608 032.jpg ゴーヤが1メートルの高さに。梅雨前に草刈りを済ませました。

 

 20170608 021.jpg 山の中の畑。使わないつもりでしたが、畑地を荒らすと固定資産税が1.8倍になるとか。中間管理機構という組織が大規模化のために農地を集約したいために増税するのです。似たような増税では「特定空き屋課税」というのがあります。倒壊や犯罪の恐れ(放火や遊び場)になる空き屋に増税する制度が数年前から始まっています。その農地版です。それで、草刈りして、ここへ万次郎カボチャを植えました。増税での営農誘導とはちょっとなぁと思います。

 20170608 024.jpg キウイ畑です。梅雨前にヤブカラシとアワダチソウを抜きましたが、後は三つ葉畑のようになりました。三つ葉は高くなりませんし、雑草を抑制してくれます。これなら春夏の草生栽培にいいのではないかと思い、ミカンの根元にも三つ葉を蒔いてみようと思いました。月末に三河地方へ草生栽培の見学に行ってきます。


 家の周りで

 20170608 004.jpg ツバメたちが住居を我が物顔で・・・

 20170608 005.jpg 子ツバメの巣立ちが始まっています

 20170608 006.jpg 暑くないのか、あんたたち


 伊勢湾と貨物船

 20170608 012.jpg

 20170608 014.jpg 数日前に、今年3度目の釣りに出たんですけど、当たり(魚が食いついた反応)もなく、餌取りもない。魚がいないみたいです。伊勢湾ではアサリが育たないとかもあり、これは富栄養化でなくて「貧栄養化」ではないのか、と思いました。地魚として売っているのはずいぶん小さくなっています。中部国際空港が伊勢湾にあるので、木曽三川の栄養がそこでせき止められているのでは・・・。


 梅雨が始まったばかりですが、そもそも(阿倍首相)夏野菜の生育は順調のようです。畑の中の草刈りもなんとか済んだので、雨の中での草刈りなどはしなくてすむでしょう。まぁ、仕事ができないようなら海にでかけましょうか。(本当に魚が少なくなりました)

 春に名古屋地裁(半田支所)から債務の問い合わせがあった借地について、競売に掛けるという通知が届きました。1反で30万円強(坪千円)ですが、競売に入札しないで、様子見をして「買い受け」する方針です。入札者が出ず、成立しないだろうとの予測からです(不動産関係者と相談の上)。


2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ
メッセージを送る
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村