So-net無料ブログ作成

年々歳々花相似たり

 今日から春の大型連休が始まります。昼間は暑いくらいですが、早朝は10℃くらいまで下がりますので、ちょっと寒いです。


 年々歳々花相似たり

 私はブログの記録を11年取っていて、数年前は同じ時季どうだったかをいつでも見ることができるようにしています。(mixi日記でもできますし、so-netでも「管理ページ」の「記事管理」を利用できます)

たとえば、3年前の4月末ですと、

 ゴールデンウィーク間近           522 (=so-net内の閲覧数)   
    http://torinosato.blog.so-net.ne.jp/2014-04-29
    (記事管理の部分を上のようにブログアドレスと日付をつなぎます)

これを見ますと、野菜の生育には十日ほどの生育差はありますが、自然界の花や草木は「相似たり」で、珍しい変わった景色はありません。数年前のブログをそのまま転写してもわからないくらいです。ただ、私の行動範囲が狭くなって行きつつあることがわかります。

 s-20170427 021.jpg こちらでは田植えが始まっています。これは何でしょうか。

 s-20170427 019.jpg キキョウに似ていますが、あれは秋の花ですし・・・。


 s-20170427 022.jpg 花はツツジやアヤメに変わりましたが、いつも変化に乏しい風景ばかりですね。ごめんなさい。


 畑の風景

 ミカン園の草取り作業

 昨年の秋からの立ち木伐採作業を含めて、ミカン園での草刈作業、畑での草取り作業が続いていました。ミカン畑は2箇所で、住居の前の畑は野菜栽培とミックスですが、もう一箇所は温州、ネーブル、伊予柑などがあります。ただ、樹の間が狭くて、通り抜けることもできないくらいなので、ハンマーナイフなどで走行できません。柑橘類は傘を半分開いたような樹形が標準とされているので、根元の草などは樹の下に潜って鎌で刈り取る手作業です。この作業だけで三日もかかったと思います。その周りを草払い機で刈り取りです。

 s-20170427 005.jpg 住居の前の野菜と混合のミカン列

 s-20170427 013.jpg 木の根元は全部草を抜き取ります

  ミカンの特産地でも、やはり雑草対策が大変のようです。慣行栽培では除草剤散布ということになりますが、民家が近いと、飼い猫飼い犬が除草剤のかかったもの(時に雑草も食べます)を食べて、事故が起こることがよくあるそうです。
 私の畑は無農薬ですから、上のような手間のかかる作業になっています(このミカン園にもワンコを連れて行っています)。このような作業が必要な有機栽培で、そこから収穫できたミカン類を消費者に食べていただいているのですが、計算してみると、とてもこの疲れる草刈作業に見合うほどの金額には達しません。程遠い印象になって、ため息が出ます。ただし、高額の農機具や資材は何も使わないので、ミカンの生産販売だけでは黒字であり、それが貴重な収入源になっています。

 20170428 005.jpg 周りの草も払って見通せます

 20170428 008.jpg 

 s-20170427 007.jpg ミカンの根元にあった雑草の根。ヤマブドウみたいです。深さ50センチもありました


  このブログを、私どもの消費者はあまりごらんになっていないのですが、こんな作業は知ってほしいと思いました。私の年代ではパソコンを駆使できる人自体が少ないことがあります。私は様々な理由で有機栽培を実践していますので、自分では納得していますが、年齢的にきついなぁと思うようになりました。家人もこのミカン畑を見てびっくりしていました。


 野菜畑では

 s-20170427 015.jpgスナップエンドウに実がつき始め

 s-20170427 016.jpg サヤエンドウも

 s-20170427 017.jpg ソラマメはこれからです

上農は草を見ずして草を取り・・・野菜畑の草取り作業

 上のことわざは江戸時代に中国の農書から紹介されたもので、百姓の心得として今も時に紹介されますが、まぁ今も昔も雑草処理がうまくできないことが多いのでしょう。私、上農ではないので、畑は草まみれですが、労力・時間には限りがあるので、しょうがないですね。

 20170428 004.jpg ネギ苗の草取り作業途中です

 20170429 002.jpg このようになりましたが、1列1時間かかりました。ネギの根元の草は手で摘んで、

 20170428 013.jpg 土削り用の鎌で削って根を切っていきました。

 20170428 011.jpg しかし、カブなどは草の中です。草取りはこれから。

 20170428 012.jpg ネットの中のレタス。


 町の話題


 救命艇.jpg コンビニ・セブンイレブンの駐車場に津波救命艇が置かれました。

 s-20170421 004.jpg 

 s-20170421 003.jpg 除幕式に町長も出ていました

 20170428 001.jpg 寛太郎くん

 海と貨物船

 s-20170427 001.jpg

 s-20170427 009.jpg すっかり春の海です


 今回は除草のお話が中心になってしまいました。草取りばかりしていると他の仕事がおろそかになってしまいますし、腰の痛みも取れません。もう少し草取りをしてから体を休めますね。今日は釣りにでも・・・と思っていたら、お休みなので、海が混雑しそうで、取りやめにしました。

夏野菜の移植始まる

 4月の中旬は雨の日が多かったのと、家屋の塗装作業が終わったので、その片付けや出荷場のトタンの張替えもあって、バタバタしていました。この地方の春の異変というのが昨年に続いての、潮干狩りの中止です。知多半島は東に三河湾、西に伊勢湾に面していて、その伊勢湾側ではアサリが育たないのです。稚貝を散布してもダメなのだそうで、原因がわからないとのこと。三河湾側はだいじょうぶのようです。そしてコウナゴ漁も不漁で中止になりました。

 野の景色

 20170414 009.jpg 写したのは14日です。このように桜並木はいくらでもあるのですが、花の下の宴会などはないんですねぇ。この後、雨や強風などで、すぐに散ってしまいました。

 20170418b 006.jpg 住居の前の県道にはカラシナの菜の花です。自生したのですね。

 20170417 010.jpg 畑に咲いたヒナゲシ

 20170417 003.jpg キジもよく見かけました。そして、初めてキツネを見ました。ホウキのような尻尾と細い顔でしたが、早くて撮れませんでした。

 畑の中では

 20170414 002.jpg 夏野菜の用意が始まりました。キュウリのネット用の支柱組み立て 塩ビパイプと笹竹で。

 20170418b 003.jpg ネットがうまくほぐれないのがあると、手間がかかります

 20170414 003.jpg こちらはトマト用。ジョイントアーチパイプでつなぎます

 20170414 007.jpg このようにネットを掛けます。

 20170417 004.jpg カボチャ、トマト,ナスなどの夏野菜苗です。

 20170417 005.jpg トマト苗の移植

 20170417 008.jpg ズッキーニ苗を移植

 20170417 006.jpg カボチャ苗を移植・100本

 20170418b 004.jpg ナス苗を3ウネ移植

 20170418b 002.jpg ソラマメの剪定作業です。1株の茎を7本くらいにします。これ、1ウネ24mに2時間もかかりました。茎が多くて、8,9本残したものもあります。左2ウネはズッキーニ。この後摘芯作業があります。

 20170417 011.jpg 根元がすっきりしました。これで3連、4連の莢が多くなります。この作業はもっと早くやるべきでしたが、まだ3回くらいでそれ以前はできていませんでした。

 20170418b 001.jpg サツマイモの苗が届いたので、植え付け作業。これは若い人たちにまかせました。800本。ごくろうさまです。

 20170418 007.jpg 万次郎カボチャの苗も届きました。青いのは授粉用の品種です。これだけで3000円近くしました。ラグビーボールサイズのカボチャができます。

 20170418 008.jpg 山の畑に植えました。万次郎カボチャは4年目です。成績は3個、140個、40個でした。今年はどうなるかなぁ。人工授粉は効果が無いような・・・。

 自宅の回りでは

 20170414 001.jpg屋根や壁の全塗装が終わって足場も片付けられました。足場の組み立ての場所を空けたので、それを元に戻す作業がまだ終っていません。

 20170418 012.jpg チューリップは赤、ピンクが終って、黄色と白に変わりました。同じに植えたのに同時に咲かないんだ。

 20170418 010.jpg ちょっと早いけど、出しました。

 s-20170409寛太郎02.jpg s-20170409寛太郎01.jpg

 s-20170409寛太郎08.jpg 平日の昼間は保育園ですが、休みの時は、このように農作業を一緒にしています。寛太郎君、もうすぐ2歳。上の2枚はヒヨコ、親鶏と。

 海と貨物船

 20170418 003.jpg

 20170418 004.jpg

 20170418 006.jpg 

  桜の季節はあわただしいです。陽気になったかと思うと雨になったりですが、暖かくなったので、人も生物も動き始めるんですね。近くに物騒な国があるので、それも気がかりです。住居周りの片付けをして、やっとミカン園の世話ができそうです。


桜などが満開に

 昨日も今日(土)も雨ですが、明日の日曜日昼間は晴れるようで、花見陽気になりそうです。ただし、月火と雨予報。野原は文字通り華やかですが、畑の方は春夏野菜の準備段階で影が薄いです。

 野の景色

 20170401 006.jpg 1日の土筆、8日には伸びていたので摘んであげました

 20170408 010.jpg タンポポもたくさん

 20170404 008.jpg あれは何だ?

 ウサギ.jpg 野ウサギでしたよ。もっと近くで見たんですが、デジカメの用意が遅れました。

 20170401 010.jpg ツバメが28,29日にやってきました。昨年は遅く4月10日でした。

 20170408 014.jpg 赤いモクレンも満開に

 20170408 015.jpg 近くで撮ってみました

 20170408 012.jpg 桜が8分目くらい(上の方が薄い)

 20170408 013.jpg こちらでは花の下での宴会は無いです。4月2日が春祭りで集落ごとに山車の巡行がありました。

 畑では

 20170408 019.jpg エンドウのネットへのツル寄せと草刈り。ソラマメの摘芯はもう少しあとに。

 20170401b 006.jpg ネギ類の移植。7ウネあります。10ウネ用意したのに発芽不良で足りないです。

 20170401 012.jpg サトイモの植え付けです。40センチ間隔です。

 20170404 003.jpg土盛りして、潅水チューブを敷きます

 20170404 006.jpg その上にマルチを張って、チューブの両端をつないで完成です。ずいぶん手間がかかりました。若い人たちも一部やっています。

 20170408 011.jpg 糸のように細い草はナギナタガヤです。果樹園に種まきされて、雑草防止になりますが。野菜畑に変えたので、蜜柑園とキウイ園に移植していますが、そちらにはなかなか広がりません。

 自宅あたりでは

 20170408 009.jpg 長女が球根を買って、私が植えました。

 20170408 018.jpg 殺風景だった庭先はすっかり雰囲気が変わりました

 20170401b 003.jpg 現在家屋のペンキ塗り作業中で、足場が組まれているので、ついでに風呂の煙突にスズメ避けの張替えをしました。 

20170404 005.jpg 元気な寛ちゃん

 20170401 013.jpg 私の軽トラがケンネル(犬小屋の英語)に。「犬寝る」です。近頃は町への買い物にも乗ってきます。

 

 20170408 003.jpg ちょっとわかりません

 20170408 005.jpg 北欧の自動車搬送船

 20170401b 004.jpg LPGのタンカー

 ホームセンターでは夏野菜の苗が並び始めました。ただ、4月10日ごろまでに遅霜が降りることがあるので、畑に植えるのは、霜が終わってからです。温床の中ではトマト、ナス、キュウリなどが育っています。ここ数年新たに2箇所の畑を借りることができたので、その開墾作業などで、山の畑の世話ができずに荒らしてしまったので、そちらも竹刈りなど整備しています。そこに万次郎カボチャを植える予定です。 夏野菜を植える場所はマルチを張るまではできていますが、ネット張りの作業がまだかかれておらず、これからです。


メッセージを送る
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村