So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ

春めいた中旬

 3月中旬は、霜が降りる日が少なくなって、昼間は防寒着を脱ぐくらいの気温です。この後下旬には4度~15℃の予報がされています。雨が少ない時季でした

 20170319b 002.jpg 分離帯のカラシナの菜の花満開です

 モンシロチョウ.jpg モンシロチョウも出てきました。春の風物詩と言っても農家には、アオムシを野菜に産み付ける害虫でもあるんです。

 20170314 015.jpg 内海川河口のカモ

 20170314 017.jpg すぐ傍でこのように休んでいます

 畑の景色など

 20170314 031.jpg レタス、青梗菜の移植作業

 20170314 034.jpg キャベツ、カリフラワーの移植。大根とカブも種まきしましたが、まだ発芽していません。

  20170318 006.jpg

 これはサトイモの畝に敷く灌水チューブのつなぎパイプです。サトイモの種芋を溝に並べて土盛りして、畝ごとにチューブを敷き、その上にマルチを張ります。こうすることで、夏の炎天でも根元にしっかり灌水できて、疲れないので、大きなサトイモができます。大きさには定評があります。

 20170319 004.jpg 極早生タマネギが膨らんできました

 20170319 001.jpg 温床の中ではトマトがやっと双葉に

 20170314 033.jpg これは農業用水のフィルターです

 20170314 032.jpg 汚れがひどいと、このように目詰まりして、散水ホースの水圧が下がり、散布範囲が狭くなってしまいます。これは昨年から使い始めましたが、それまではゴミや泥が散水ホースに入り込んでいました。入り口でとめることができます。

 20170314 020.jpg 立ち木を伐採して、しばらく乾燥させて燃やします。

 20170314 024.jpg それで、畑への日当たりがよくなりました。畑の中で燃やす場合でも、必ず散水できるホースも用意して,火の回りに放水してあらかじめ延焼を防いでいます。

 20170319 003.jpg ミカン畑では甘夏が大きく色づきました。

 20170319 002.jpg ミカン園の入り口スロープを広げて2台入れるようにしました。古瓦を敷いて、土砂を表面に。この後、ミカン園の伐採枝も処理します

 20170318 003.jpg 住居兼管理棟の壁と屋根のペンキ塗りのための足場を組みました。

 20170318 007.jpg ネットが張られて、屋根からジェットスプレーで洗っています。それから塗装が始まります。大工事です。まだ1週間くらいかかりそうです。

 20170314 009.jpg 寛チャンは元気です。

 伊勢湾の海と貨物船

 20170314 012.jpg

 20170314 013.jpg 大型のコンテナ船

 20170314 027.jpg

 20170318 001.jpg

 20170318 004.jpg 3本マストの帆船のようですが・・・

 それでも今朝は軽い霜が降りて寒かった。海はすっかり春景色になっています。大相撲・稀勢の里が好調です。農業園芸資材販売に「モノタロウ」がテレビCMを。厚いカタログが届きました。上の写真のフィルターはここで購入しました。下旬は春らしさが一層強くなりそうです。政治は豊洲市場と森友学園の話題ばかり。3.11地震津波6周年になりましたが、復興は十分進んでいるとは思えません。やっぱり、福島の原発の炉心が気になっています。選抜、今日開幕。私の周りは穏やかです。春野菜の用意を少しずつ進めています。


まだ寒い3月上旬

  3月になっても、体感的には春らしく暖かいという日は少なかったようです。氷こそは張らないものの、早朝は2℃,3℃くらいですので、霜が降りています。暖かいのは昼間の陽が差した数時間程度で、夕方も陽が陰ると急に寒くなってしまいます。雪は降らずに雨もありました。この後も日曜日までは2℃予想で、寒そうです。

 20170308 010.jpg 水仙は町の花です。庭先だけでなくて、道端でも咲いています。

 20170308 011.jpg 名鉄内海駅のロータリーのヤシの木。背景にも見えます。この町では民家の庭にも植えられていますし、高いので遠くから目立ちます。南国らしい景色です。

 20170308 001.jpg 庭先のチューリップが芽を出し始めました。

 20170307 013.jpg その花壇の雑草を抜いていたら、ギシギシの根が、もう木の根っこになっていて、硬いんですよ。これではなかなか「根こそぎ」できないわけです。

 野菜や農作業など

 20170308 002.jpg 電熱マットを敷いた温床の中では、春野菜が移植を待っていますが、日曜日の朝が2℃予報なので、この日の午後にします。左は5日に種まきしたばかりのナス、トマトです。

 20170308 003.jpg これは長女の作業分です。手前のは、日照が強いのにビニールを開けずに温度が上がりすぎて、枯れてしまったプラグです。忙しく、なかなか毎日の点検ができないようです。

 20170308 008.jpg サヤエンドウの花が咲きましたが、スナップや実エンドウはまだです。

 20170308 013.jpg 野菜移植の用意です。風が強くて、マルチが剥がれそうなので、土盛りしました。ショベル作業は腰が痛くなります。

 20170308 014.jpg 畑の中でなくて、これは舗装されていない農道へ古瓦を敷いています。瓦って重いです。私では5枚くらいしか運べません。立ち木の伐採作業はまだ続いています。

 20170307 001.jpg 庭先の道路も、それで広く感じます。ずっと奥の方に、ソーラーパネルが見えます。ブリッジを立て掛けている並木も枝払いをしないと・・・。 

 20170307 012.jpg

ノコギリの刃の目立てです。一個一個の刃の前後ろと上にヤスリを掛けます。時間がかかります。シルキーの替え刃なので、そんなに高くはないんだけど・・・。目立てをすると、やはり切れ味がよくて、作業が進みます。

 20170308 009.jpg これは、灌水チューブの端を閉めるストッパーです。買うと1500円くらいなのですが、自分で作ると300円ちょっとでした。金属の穴あけと切断工具が必要。長さ12センチ程度です。

 20170307 007.jpg ワンコたち。いずれも下にホットカーペットが敷かれています。

 後は海です

 20170307 003.jpg 北欧からの貨物船

 20170308 005.jpg いつものコンテナ船です。

 農作業でも畑の外での物づくりは楽しいです。鍬の柄を直したり、近頃は手鍋の柄や包丁の柄まで声がかかります。伐採した枝の片付けは、かなり溜まってしまったけれど、もう少し乾かしてから燃やします。収穫できる野菜が少なくなっています。キャベツ、白菜、ほうれん草、それから万次郎カボチャ、山芋、サトイモ、かんきつ類などが出荷されています。それでも山芋は先週今週出荷で終わり、サトイモは4月分がまだ畑にあります。3月も15日過ぎになると暖かくなるので、いろいろ農作業ができそうです。



2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ
メッセージを送る
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村