So-net無料ブログ作成

今年もあと4日、XPパソコン壊れる

 27日は朝から「強い雨」が午前中つづきました。札幌では50センチほどの雪で、交通網も混乱したようです。こちらでは10年ほど前には12月に積雪したのですが、近頃は雨。今日の午後はぽかぽかと暖かい。この日は名古屋市のホームレスの皆さん支援のキウイの収穫を笹島日雇い労組の皆さんと予定していたのに、あいにくの雨で中止になり、年明けに改めて実行するとの電話が入りました。

 南知多の鳥たち

   ジョウビタキ.jpg こちらで冬の鳥と言えば、ジョウビタキとセキレイですが、いずれもいるのだけれども、なかなか近づいて撮れません。

 20161228 003.jpg 

 街に再びコウノトリ・夢ちゃんがやってきたらしいので、山海(やまみ)へ行ったのですが、見つかりません。その時の2枚です。

 1228ケリ.jpg ケリが畦に並んでいました。

 畑・野菜・柑橘園の景色

 201612272 015.jpg 畝間の雑草に負けそうなエンドウ

 201612272 010.jpg 空豆はまだ大丈夫みたい

  201612272 016.jpg タマネギはなんとか覆う草を取り払いました

 201612272 002.jpg ニンニク。右側のウネは草取りしましたが、左側は撮影後に取りました。冬を越す、上のエンドウ、空豆、タマネギ、ニンニクの草取りが大切です。畝間だけでなくて、苗の根元のマルチ穴からも雑草が生えますと野菜の根の生育が損なわれます。雑草がマルチを覆うと地温が上がりません。それでもニンニク一ウネの草取りに一時間はかかるのですね。

 201612272 013.jpg 一二月の最後の出荷の昨日、大きくなった白菜をようやく出せることが出来ました。他に山芋、里芋、サツマイモも。

 画像20161222 003.jpg この時期、キャベツは過去には防虫ネットを使わないでも可能でしたが・・・

 画像20161222 002.jpg 一二月初めに紋白蝶が舞うようになってしまったので、アオムシがついてしまい、こんな方法では栽培できなくなっています。 

 画像20161222 007.jpg  軽トラに堆肥を積んでミカン園に運びます

 画像20161222 008.jpg  一輪車かキャタピラ運搬車に積み替えてみかんの根元廻りに散布します。

 画像20161222 010.jpg 離れたミカン園にはおよそ1トンの堆肥。住居前のミカンには600㎏を散布することができました。さすがに腰が痛くなりました。

 画像20161224 009.jpg 畑の周りの立木や傾斜の草刈り

 201612272 009.jpg 伐採した立木の枝や笹などは、しばらく乾燥させてから畑で燃やします。

 画像20161224 007.jpg 高くのびた立木は枝を払うしかないです。

 画像20161224 003.jpg 寛太郎くんとお母さん

 画像20161222 005.jpg 漁船群

 画像20161224 005.jpg おなじみで説明無し

 201612272 005.jpg 

 201612272 003.jpg

 XPパソコン壊れる  

 私がずいぶん永く使ってきたwinXPパソコンのウインドウズがどうしても開けなくなってしまい、黒い画面にはわからない英語の文が出ます。数日前からウインが開くのに三,四回かかったのがついにダウン。歳末のあわただしい時に限ってこんなことに。 この際、win10を採用しようと思ってはいますが、もう新しいシステムは遠ざけたい本音です。プロバイダの乗り換え、新電力などもそうですね。 それで、このブログは連れ合いのパソコンからのアップロードなのですが、このマシンもXPだったのには今まで気が付かなかったです。それものろいし、画面も小さい。画像が縦長に出る狭いモニター・・・。迂闊でした。(しばらく前から使っていなかったとか)。こちらを優先すべきだったけれども連れ合いも私以上にメカに弱いんで、もうパソコン・インターネットはたくさんだとか。

 大体、後継機は決まりつつありますが、採用は年明けからです。それでパソコン作業はしばらくパスです。皆様のブログへの訪問も遅れそうです。高齢者のwin10挑戦! どうなるでしょうね。 皆様、佳いお年を。


北国から雪の便りもこちらは暖か

 12月も中旬になると北海道や東北の方から積雪の便りが聞かれますが、テレビは都会の記事ばかりで地方のこのような雪景色はあまり放映されません。こちらは氷を見ることもなく、温暖な日が続いています。しかし来週は雨も多く、気温も17℃予報です。これでは暑いんじゃないでしょうか。 この時期、私はとっくに「雨のクリスマス」(Rainy Christmas)と呼ぶようになっていました。

 野や町の風景

 画像201612018 002.jpg 町を流れる内海川ではマガモが泳いでいます

 画像201612018 005.jpg ピラカンサの実が全部小鳥に食べられてしまいました。早すぎる.

 画像201612017 007.jpg 住居のそば、県道の反対側の休耕地400坪に太陽光発電のソーラーパネルが並ぶ計画があるようなのです。ユンボで倒したり抜いたりした並木を粉砕してチップ状にする重機がこれです。朝8時くらいから夕方5時過ぎまで重機が動いている音が聞こえ続けました。

 画像201612017 013.jpg 5排気筒.jpg 町の中で見かけましたが、ターボタイプというのか、排気筒が5つもあります。荷台は金属蓋になってエンジンが改造されているのでしょうか。どなたか、メカに詳しい方、お願いします。(数年前にも町で見かけたので、住民の車かも) 札幌ナンバーだ。

 畑や野菜の話題

 画像201612017 005.jpg お盆過ぎに植えた秋ジャガ掘り。15キロの種芋で収穫コンテナ4杯。今までで最低の収穫量です。炎天の夏と日照不足の秋だったから、だと思うんだけど。サイズは大きいのですが少ない。

 画像201612018 006.jpg まぁそれでも、山芋も来年分もありますし

 画像201612018 007.jpg 地下の保管したサツマイモもあるし(保存の様子を撮り忘れたんですが、そんなに痛みはなかったです)、サトイモも合わせて、年明け用の出荷には十分あるので、気分は楽です。

 画像201612017 014.jpg ミカン園の立木の伐採作業です

 画像201612017 015.jpg これまでは防風林、防寒の役割でしたが、立木の枝から雑草のツルがミカンの木を覆うようになったので、切り払いました。

 画像201612017 016.jpg もっと早く気付いて作業すべきでしたが

 画像201612017 017.jpg こんなことにも気がつくようになったのが年の功なのでしょう。運搬車が奥まで入れそうなので、堆肥散布作業が楽にできそうです。みかんの木の日当たりも風通しもよくなりました。

 オーガニック朝市村

 土曜日の朝、名古屋市栄(さかえ)のバスターミナル・オアシス21で毎週土曜日に開かれるオーガニック朝市村に付いて行きました。年に一度くらいの顔つなぎとかあいさつです。

 画像201612017 025.jpg 有機農業で新規就農者にはとても貴重な場所です。このように農産物を陳列して、消費者と対面でのお話しを楽しみながら、購入していただいているんです。

 画像201612017 026.jpg 若い就農者が目立ちます。スーパーで買うのとは違って、生産者と購入者が掛け合いの話を楽しんでおられるようです。「スーパーで買うのはつまんない!」

 画像201612017 030.jpg 白菜やキャベツは小さいか、少なかったですが、今年の天候ですと、みなさん苦戦して居られる様子です。

 画像201612017 028.jpg とりのさとのコーナーです。玉子やキウイ、ユズを並べました。野菜は農場から直の消費者の分で、ここまでは回らないことと、私のようなベテランは少し遠慮しています。

 画像201612017 029.jpg スペース一杯に生産者のブースが並んでいて、全体としては、まだ農産品は売れ残り気味でしょうか。出品者が多くなったのですね。右は応援のMさん。

 画像201612017 031.jpg 久しぶりの名古屋で、寛太郎くんは大はしゃぎ。私もたくさんの人と出会えてお話ができて、有益でした。

 

 画像201612017 009.jpg 中サイズ位の貨物船

 画像201612017 010.jpg LPG運搬船

 画像201612017 011.jpg 同時に画面に入ることもあります。

 このように1年ぶりに名古屋に出て行きました。名古屋駅付近の、見上げるような高層ビルには別に驚かないけれど、並木は結構あるように思いました。家族は通常の野菜の収穫出荷に加えて、ミカンやキウイの出荷作業が毎日のようにあります。ネーブルの保管作業もあります。私は畑の現場で、今日も立木の伐採と、午後は畑の中でその乾いた枝を燃やして畑の回りをすっきりさせることができました。 この後ミカンの木に堆肥散布作業が続きそうです。他にサツマイモ、サトイモ、山芋の追加掘り作業がありそうです。月末には収穫イベントが予定されています。

 (連れ合いの母親が今年1月に亡くなりましたので、服喪期間になりますので、歳末新年のあいさつは控えめにいたしますのでよろしくお願いします)

 今年もあと10日余りになりました。最後の一踏ん張りで年越しに向かいましょう。


12月に入りました。寒さは今ひとつかな

 12月上旬はそんなに寒くありませんでした。最低気温も4℃程度で、雪も見ないし、氷も張っていません。畑に薄い霜があるだけでした。でも日が短いです。4時過ぎでも車幅灯を点けて走っていましたし、4時半には暗くなって家路でした。

 野の景色

 画像20161203 001.jpg 冬にやってくる渡り鳥たち

 画像20161203 007.jpg 海沿いの喫茶店の鳥寄せ。ユリカモメ

 画像20161208 006.jpg ビワの花は今の時季に咲いています

 画像20161208 010.jpg ナンテン。畑の隣の自家菜園で。

 画像20161208 011.jpg 同じ場所で、センリョウ。実が葉の上に出ます。葉の下に出るのがマンリョウです。

 野菜や果物は今

 画像20161203 008.jpg エンドウ3種類のネットです

 画像20161203 011.jpg ソラマメのネット棚。手伝ってもらっています

 画像20161208 009.jpg なんとかダイコンも出荷サイズになりました

 画像20161208 008.jpg キャベツはもう少し後、でも少ないなぁ。

 画像20161208 007.jpg 伊予柑。少しずつ色づいてきました。収穫はもう少し後です。

 画像20161206 003.jpg ネーブル

 画像20161206 004.jpg ネーブルとは「おへそ」の英語です。へたがそのようになっているからの名称です。

 画像20161206 002.jpg 収穫はこのように底開きの収穫袋でやっています。傷つけないように、落とさないように、置くように収穫しています。

 画像20161206 001.jpg 今日までで300キロ収穫出来ましたが、まだ100キロくらいありそうです。私が風邪をもらってしまったので、半日80キロ程度しか収穫できていません。出荷は1月後半で、それまでは防寒でそれぞれが触れないように保管します。

 画像20161208b 001.jpg 4時過ぎの夕日で、私の影が30メートルくらいに伸びました。足長おじさんみたいです。

 画像20161208 002.jpg 年に3回ほど、知人が送っていただけます文庫本。推理小説時代小説など。これを肴にして左のお酒もいただいています。右もモロゾフは連れ合い用ですね。

 海の風景

  画像20161203 004.jpg 一般に車両搬送船は長さが200メートルくらいです。大きいんですね。私も港に着岸しているのは見たことがありません。

 画像20161203 005.jpg 大洋フェリーと漁船とカモメ

 画像20161203 014.jpg 冬の海水浴場砂浜

 画像20161203 015.jpg その西側

 画像20161208 005.jpg 海上カモメ.jpg 左のほうの写真にはいろんな鳥がいるようです。

 12月もあと20日あまりですが、今年1月に連れ合いの母親が90歳で逝去しましたので、服喪ということになります。歳末、新年では、あいさつを受けることも差し上げることも出来ないようです。賀状も控えました。いったいネット上で服喪はありうるのかも自信ないですが、どうすればいいのでしょうね。控えめなあいさつになること、ご了承ください。 (あと2回ほどリピートするかも、です) 親族ではありませんが、田舎の中学同級生の訃報が届きました。まだそんなに高齢者ではないのに・・・。週末から冷え込みそうです。私はすでに風邪をもらったのですが、ゆっくり回復しているようです。まだまだネーブル、秋ジャガ、山芋などの収穫作業が残っていますので、のんびりは休めませんね。

 


メッセージを送る
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村