So-net無料ブログ作成
検索選択

梅雨入り間近の畑など

 昨日27日にはオバマ米大統領の広島訪問がありました。実現して本当によかったです。

 5月下旬は晴れれば夏日でしたが、昨日今日は少雨と曇りで、ほとんど梅雨空です。高温と雨では雑草の生長も早く、草刈り作業にも疲れ気味です。

 野の景色

 画像20160528 001.jpg ツツジの後のサツキ。名鉄内海駅前です。

 画像20160528 004.jpg 私の畑の中、ナガミヒナゲシ。外来種だけど駆除しないで楽しんでいます。

 画像20160525 019.jpg 隣の自家菜園の花壇

 画像20160525 020.jpg カラー。画質が高ければいいけど、我慢です

 画像20160528 021.jpg 臆病なアオサギはすぐ逃げてしまいます

 画像20160528 019.jpg 車の窓越しに撮したので不鮮明、キジ

 画像20160528 008.jpg 珍しいトカゲの交尾写真。庭先にはツバメが飛び回っています。こちらはこのように小動物が一杯います。

 畑の野菜たち

 画像20160528 029.jpg スイートコーンの雄花が出揃いました

 画像20160528 027.jpg サツマイモの畝間に防草シートを敷きました。炎天の日はスプリンクラーで散水。ウネの上・根元の雑草を抜きます。これをすると芋の生育がとても良くなります。

 画像20160528 024.jpg 数日前からカボチャのツルが伸び始め、雄花・雌花も出ましたので、毎朝授粉作業です。今日は36個も授粉しました。

 画像20160525 022.jpg 結局、ナスの枝は3本仕立てで、1本を支柱に結び、他の2本をヒモで吊す予定でいます

 画像20160528 010.jpg ミディアム・調理用トマト。3本仕立てでやってみます。大型トマトはまだ小さな苗です。

 画像20160525 015.jpg ズッキーニも雄花雌花が揃ったので毎日授粉作業です。

 画像20160528 026.jpg 左は2番手の自家採取種でズッキーニ、右はキュウリ、千鳥に植え変えて日照を確保します

 画像20160525 011.jpg 万次郎カボチャ(中央)と、授粉用のポアロ(奥)ですが、ポアロは弱って着いたので、活着しなかった。うまく昨年の畑からポアロと思われる苗が発生したので移植しました。

 0524カリフラワー・ソラマメ.jpg  毎週の長女の野菜通信。キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーは秋冬春の三季採りが可能でも、温暖化で秋どりが一番不成績ですが、上の春取りは種の発芽に気を付ければ、後はモンシロチョウ対策のネットだけでよいので、ほとんど毎年成績がよいはずです。ブロッコリーもジャンボになっていました。 そして、ソラマメ。種用に残すから収穫しないように、ロープを張り、赤テープに「種用」とか「採るな」と書いてあるのに、収穫されてしまう。一度だけなら笑い飛ばせるかも、ですが、毎年お手伝いさんや連れ合いに収穫されてしまう。今年も注意するまで4,5回も種用を収穫されました。注意するとか叱ることも通り越して呆れて私は穏やかではないです。夜は読書して気分が落ちないようにしています。風景を見ても誰もに同じように見えるわけではない、んだなというのが教訓です。3連の莢120個以上を黒くなってから収穫して種用に。1粒30~40円の1寸ソラマメ400個。

 ミカン畑、キウイ畑

 画像20160525 006.jpg 梅雨前のミカン畑の雑草は人の腰の高さまで茂っています

 画像20160525 010.jpg 

 画像20160525 013.jpg まず、樹の根元に潜って鎌で刈り取ります。それからハンマーナイフで刈り取り、残った草を刈り払い機で刈っていきますので、3日がかりでした。1反半に60本くらい

 画像20160528 005.jpg 一方、キウイ畑では、根の回りを刈り払い機で刈るだけで、後はさぼって残します。枝は高さ180センチのフェンスを這っています。根元は草刈りしないと散水しても地面に届きません。摘蕾し忘れの枝も目立ちましたが、時々、手で落としています。

 ホームの話題

 画像20160525 002.jpg 居間にニャンコ3匹。まだ他に2匹います

 画像20160528 013.jpg  おととい、4キロ離れた町のガソリンスタンド付近から電話があり、「とりのさとの飼い犬だと思われるのを保護してあります」とのお知らせがありました。庭を見渡すと1匹しかいないので、まさかあんなところまで・・・と思いながらスタンドへ行くと、保護されているのがこのワンコ。人に慣れて、おとなしいし、顔もいいです。うちのワンコよりもいいなぁと思ったけれども、「これ違いますよ」と答える。このワンコ、数日前までスーパーに飼い犬探しの貼り紙があったので、それを手がかりに連絡先に知らせると、そのドッグカフェが引き取ってくれることになりました。親切に電話してくれて、最後まで面倒を見た青年、立派でした。農場に戻ったら2匹とも昼寝していました。

 画像20160528 011.jpg 今の時季、旬のソラマメ、茹でてそれだけでおいしいです。

 画像20160528 017.jpg ようやく1歳になりました。寛ちゃん

 海と貨物船

 画像20160528 022.jpg 用途不明です

 画像20160525 003.jpg 加藤化学の台船(荷物を移し替えて陸揚げします)

 画像20160525 004.jpg 下が拡大写真です

 0525-004b.jpg 北欧(デンマーク、スェーデンに本社があります海運会社) 

 梅雨入りまでカウントダウンです。あと、ピーマンの写真がないんですが、これ、不調です。苗が小さくて、畑で消えてしまったものもあります。苗にも高温が必要なんです。こんなことがやっとわかったくらい。来週始めに遠くから見学者がある予定です。これまでの所は、全体としてはまぁいいかなぁという成績です。 雨の日、海岸へ釣りの見学に行ったら、サビキで小イワシを釣っていました。釣りに出掛けるのは夏以後でしょうか。まだ万次郎カボチャは開花していませんが、授粉作業で毎朝の仕事が始まります。


5月中旬は夏の準備

 春の連休が終わって、一段落していますが、時には夏日もあって、野菜だけでなく雑草の生長も早いです。沖縄奄美は梅雨入りしたようですが、こちら、しばらくは初夏の気候が続きそうです。

画像20160517 001.jpg 1年のこの時季だけに稼働する田植機、6条植えです。ずいぶん大型です。農村も高齢化して作業の委託が増えているのです。

 画像20160517 012.jpg この白い花は、赤い実になるピラカンサです

 畑の野菜の様子

 画像20160520 004.jpg ニンニクの収穫作業です

 画像20160520 015.jpg 掘り出して、茎を切り、ひげ根を切り、乾燥させて収穫します。出荷できるできるっMサイズ以上のものが800個ほど出来ました。多いようですけど、60軒分だと12個ずつにしかなりません。写真ではヒゲ根も切っていますが、例えば淡路島などでのタマネギ保管は茎も根も切らないでそのまま干しています。それで、私も4割くらいはヒゲ根を切らないまま収穫しました。これだと保管場所を取るんですね。実験で比較します。

 画像20160520 016.jpg カボチャもツルが伸び始めました

 画像20160520 017.jpg 既に雌花もでましたが、雄花がありません。えっ、野菜までレディファーストなの? でもこれ、「父ちゃん通わにゃぁ・・・」の世界とちゃうの? ちょっとレディファーストの意味が違うんでは・・・。あはは

 画像20160520 020.jpg スイートコーンも雌花が出始めました。こちらはぴったんこですね。

 画像20160520 022.jpg サトイモの発芽が出揃いました

 画像20160520 023.jpg ネギの草取り、途中の様子です。左端はゴボウです

 画像20160520 025.jpg サツマイモも伸びています

 画像20160520 027.jpg にがうりが立ち始めました

 画像20160520 029.jpg ズッキーニが大きな葉になりましたが、雄花がないです!これでいいのかぁ(笑い)

 画像20160520 035.jpg ミディアムトマト、ここでは3本仕立てにします

 画像20160517 013.jpg これは野菜苗の半自動移植機です。長女が育児とともに作業するのに有ればいいと提案されて、オークションで手に入れました。農機具店からは新品75万円の見積もりでしたが、落札は25万円でした。買い得でした(即決価格を選択しました)。

 画像20160517 005.jpg その機械に使う、プラグトレイの苗、底上げ器。これで苗の底土を上げて、苗が難なく抜けるようになります。長女も作業が楽になったと言います。農業雑誌で溶接した同じような物を見ましたが、これは特殊な画鋲です。しかし、「経年したトレイは縮んでしまうので、位置が合わなくなります」。このかっこ内の事態を誰も予測していません。それを見越してやっと3作目にできあがりました。材料費は600円くらいですが、開発費(失敗作の材料費、手間費)は1万円近くかも。でも制作は楽しかった。

 ホームの話題

 画像20160517 007.jpg 暑いとワンコは畑には付いて来ないで、庭先でゴロン

 画像20160520 006.jpg 100均で見つけたぬいぐるみ。これは買い得でしたよ。孫の寛太郎への誕生日プレゼントとして2ヶ月前にまとめて買ってあったんです。長女の誕生日が3月初めのため。

 画像20160517 010.jpg 「3日会わざれば」。知人から送っていただいた小説類20数冊。およそ3ヶ月で読み終えます。楽しいし、いろいろ勉強にもなりますし、刺激にもなります。3日は別としても数ヶ月後にはまったく逆の意味の発言をしてしまうことがあるのは、こういう読書経験が理由のようです。夜の寝床で読んでいるうちに眠ってしまいます。読み終えたら、別の人に送りますので手元には残しません。夜はこれで時間を過ごします。

 伊勢湾の貨物船

 画像20160517 003.jpg JINJIANG SHIPPING 上海の船。100均の商品なんかを積んでるのかも

 画像20160517 011.jpg FPMC リベリアのタンカー

 画像20160517 015.jpg Hapag-Lloyd ドイツのコンテナ船

 画像20160520 009.jpg 北欧の車両搬送船 外国籍の船ばかりになりました。

 この後の農作業は、ミカン園の草刈り、ズッキーニやキュウリの2番手の種蒔き、6月に入って、エダマメ、インゲンの種蒔き、それらの畑の用意があります。夏野菜の誘引、剪定作業もあります。しばらくは急ぐ必要がないのですが、暑いので作業しにくい日が続きそうです。明日から真夏日の予報ですね。みなさま、暑さに気を付けましょう。


春たけなわ・得た物無くしたもの

 前のブログでは、デジタルカメラを紛失または車上荒らしで無くした経過だけで、画像も無くて、単調な内容になりましたが、今日はその反動でありまして、こちらの情報が通常の倍くらい入っています(と思うんだけど、自信もないですが)。同じ機種のデジカメが6日に着いてさっそく再開です。(デジカメでも月により数千円の上下波があって一番低い時期に買えました)

町や周辺の景色

 画像20160508a 028.jpg 野生の藤の花です。畑のそばなので撮影後バッサリ。この間にツツジも峠を越えてたりして。

 画像20160508a 042.jpg 早稲の田植えが進んでいます。

 画像20160508a 046.jpg 少なくなった鯉のぼりですが・・・

 画像20160508a 049.jpg 初孫の成長を願って、ジジとババが奮発したんです。ちょっと小さめの鯉のぼりです。私、「おじいさん」と呼ばれるの、あんまりいい気がしないんで、「おいちゃん」と呼ばせています(孫はまだ話せないですが)。なんだか、農場現役なのに年寄り臭い呼び名なんでねぇ(でも年寄りには違いないわね。無駄な抵抗は止めよ)。

 畑の今

  一回ブログを休みますと、半月以上間が空くので、この時季、どんなふうに変化したでしょうか。

 画像20160508a 017.jpg サツマイモ、700本のツル、ほとんど全部活着しました。

 画像20160508a 022.jpg ヤマイモ、20メートルウネを3つ。芽が伸びています。

 画像20160508a 023.jpg サトイモの発芽、芽だしをしなかったので、少し遅れ気味ですね。掘ってみると、土の中で芽を伸ばしています。

 画像20160508a 026.jpg ニガウリの苗です。今年は株間1.5メートルにしました。支柱の真ん中になるんで。

 画像20160508a 029.jpg 春ジャガの生育ぶり。ここまではいいですが、北あかりが発芽不良。種芋のせいかと。

 画像20160508a 034.jpg 調理用やミディアムトマト。本トマトはまだ小さいです。

 画像20160508a 035.jpg 太ネギ(ネギ奉行など) 一部防草シートを使ってみました。

 画像20160508a 025.jpg ゴボウの波板トタンやパイプ栽培、うまく乗っていますが・・・

 画像20160508a 036.jpg この時季、不作なのがエンドウ類。暖冬と大きな苗で霜害に遭いました。野菜の少ないこの時季、痛いですね。

画像20160508a 037.jpg ナス、比較的に順調です。誘引の方法がまだ決まらないです。

 画像20160508a 038.jpg カボチャ。数日前の強風で振り回されて、10本くらいが枯れました。

 画像20160508a 040.jpg ソラマメ(左)とニンニク

 画像20160508a 041.jpg もう少しで収穫できるようですよ。

 画像20160508b 011.jpg スイートコーン、畝間の草刈りも済んで穂先の雄花が出始めています。

 画像20160508b 012.jpg 毎日のように見回っている上のネット内のカリフラワーが太り始めました

 画像20160508b 006.jpg キウイ畑では、一面三つ葉のじゅうたんです。

 画像20160508b 010.jpg 摘蕾前の雌花、これを1枝4個程度にします。まだ少し残ってますので、もう一巡します。

 画像20160508a 020.jpg 温州ミカン、花が多くて、表作になりそうです。どこの畑も同じ様子。

 画像20160508a 021.jpg ミカン園やキウイ園に採用した雑草抑制の雑草「ナギナタガヤ」。針のように細い葉です。果樹園には雑草抑制にいいと思います。

 画像20160508a 043.jpg 道端から畑に広がる、やっかいな雑草としては、写真のアワダチソウ、ヨモギ、アカザシロザなどは春から秋まで延びますので、刈り払い機で刈ってもすぐ伸びてしまいますので、これらは1本1本抜くことが効果的です。抜いた後はほとんど生えてこないです。

 画像20160508a 045.jpg これは、自走式草払い機「ハンマーナイフモア」の刃です。38枚ありまして、その先端を切り、左右を研磨しました。2日がかりです(1日で全部やると指が振動病になります)。これで1式、1万4千円かかりますので、研磨すると、出費が半年延ばすことができます。これで、デジカメの出費をカバーしたわけです。農機具修理店員は、刃を研いでいる人はいないと言っています。

 海・貨物船などの風景

 画像20160508a 004.jpg テレビ番組で紹介された「魚太郎」さん

 画像20160508b 002.jpg つぶて浦の、黒い岩がご神体です。回りの岩とは異質なのだそうです。

 画像20160508b 003.jpg そこから山海方面の海岸。

 画像20160508b 004.jpg コンテナ船、拡大すると

 04b.jpg 肉眼では読めないですが。

  とまぁ、なんなく通常のペースに回復しております。ご心配いただいたみなさま、ありがとうございました。私んところ、こんなふうに進んでいます。これくらいの山や谷、どぉってことないですよ。夏野菜の移植も終わって、5月6月に少しあるだけです。一方、収穫の終わった春野菜などの片づけ作業も進めていて、これが疲れるようになりました。暑くなったしね。                              回りは春の新緑ばかりのこの時季です。あなたの連休、いかがでした。私は農作業三昧でも後半は楽しくできました。新しいデジカメと鯉のぼりでした。


メッセージを送る
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村