So-net無料ブログ作成
検索選択

寒波が過ぎて雨も

 1月下旬は一年で一番寒い時季で、西日本も大雪に見舞われた地方があり、広範囲に断水も発生しましたが、こちらではマイナス3℃程度までで、それほどは気温も下がらず、雪も積もりませんでした。大雪の被害を受けているみなさまには、お見舞いもうしあげます。

 画像20160130 009.jpg 渡り鳥の群れ。内海川には毎日カモが泳いでいます。

 画像20160130 004.jpg 積雪というほどのこともない、雪のじゅうたん程度です。

 庭先積雪.jpg https://youtu.be/fIClRwf9-w4 ←これをクリックします。庭先の積雪の様子です

 畑の風景

 画像20160130 010.jpg キウイ、剪定作業が終わり、伐採した枝を粉砕した後に、堆肥や鶏糞をこのように散布しました。

画像20160130 012.jpg これで、5月の摘蕾までは一段落です。

 画像20160130 021.jpg 暖冬でサヤエンドウが伸びすぎて、寒波のために弱っています。スナック、実エンドウはまぁだいじょうぶのようです。生育がいいのは、極早生タマネギくらいです。

 画像20160130 022.jpg こちらは梅の枝を伐採して燃やしたあと、耕耘して、堆肥を散布しました。苗を植えるのはずっと先で4月くらいです。

 画像20160130 023.jpg その苗は、温床で育っています

 画像20160130 025.jpg こちらは若い人たちの分です。底のオレンジ色は電熱加温シートで、プラグの底が25℃程度になるようにサーモとセンサーを設定しています。電熱マットの採用で、ずいぶん育苗が楽になりました。

 画像20160130 001.jpg 愛犬のモモと藍、いつも車に乗ってついてきます。

 画像20160130 006.jpg 畑でもリード線は使わず、放していまして、隣の自家菜園のおじさんから、ビスケットなどをいただいています。時にはいつも私がコーヒーをごちそうになる水道工事屋さんから、ワンコたちはなんと唐揚げをもらっているんです。このようにみんなから愛されているワンコたちです。畑ではカラスや小鳥を追っかけています。

 29日、30日と雨が続いたので、文庫本「真田三代風雲録」(中村彰彦 実業乃日本社)を買って来て、読んでいます。この本の冒頭に「実のひとつだに無きぞ悲しき」のエピソードがあります。

 花咲か爺さん
http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=sakuraxoo&prgid=42607301&categid=34203780&page=1&ref=ch&lot=cthum2_1_1

これは漫画日本昔話の動画です。本来なら著作権法にひっかかりますが、なにしろ韓国からの投稿なので、見ることができるわけです。(最初にコマーシャルが出ますが、スキップするか、少し待ちます) 時には童心に帰ってみましょう。小学生のお子さんと一緒にごらんになってはいかがでしょう。

 伊勢湾の貨物船

 画像20160130 005.jpg 2隻とも中部電力のLPG運搬船です

 017-2.jpg これはどこのLPG船?LNGとは液化天然ガスのことですが、固有名詞としては住友商事の輸入会社のことでしょう。

 019-2.jpg 商船三井のコンテナ船です

 画像20160130 015.jpg クレーン船でしょうか

 ガソリンの価格、こちらでは103円、まだ下がりそうで、業者は悲鳴ですが、消費者は助かっていますね。もう少し、寒さが続いた方がいいと野菜農家の私は思うのですけど、立場が違うとそうではないかもしれません。


18日は東京大雪、こちら雨

  1月18日、東京は積雪6センチ~10センチ弱ですが、これで「大雪」です。都市は雪には弱いのですね。こちらは17日夕方から雨になりました。雪が降ってもおかしくないこの時季に雨です。

画像20160118 006.jpg 17日の早朝に、厚さ1センチ程度の氷。この冬2度目の結氷ですが、ずいぶん薄いです。低温の時間も短いのです。

 キウイ、野菜の作業

 画像20160115 025.jpg キウイの枝の剪定が終わって、地面にはその枝が一杯です。残した枝はワイヤの棚に結びつけます。こうしないと、実が高い位置について収穫がやっかいなのですね。

 画像20160115 029.jpg その地面の枝をハンマーナイフモアで粉々に粉砕して、地面はすっきりしました。このような枝の処理している農家は他にはなくて、ほとんどは枝を集めて、縛って、畑の外へ出して燃やしています。ハンマーナイフの刃が新しい時でないと、伐採の能率がよくないです。

 画像20160118a 001.jpg これがハンマーナイフの新しい刃とボルトナットです。19対38枚あります。これらが高速回転して粉々にします。農機具店から取り寄せたら、1式で3万4千円でした。やはりネットでの通販が低価格でおよそ半額でしたので、この後は元通り通販購入です。野菜畑でも使うので、年に2回は交換します。時には使用済みの刃を研いで使うこともあります。

 画像20160118 008.jpg キウイの作業に年末から20日間もかかってしまって、その間に野菜の観察が出来なかったのを見に行くと、このように野菜ダニがついてしまっていました。もっと早く対処しておけば軽い被害で済んだのですが、どうしようかなぁ。

 画像20160118 007.jpg 暖冬で極早生のタマネギが太っています。1ヶ月以上早く収穫できそうですが・・・

 画像20160118a 002.jpg サヤエンドウはチラホラと白い花が咲いています。開花が早すぎます。花は実を付けず、枯れています。

 その他

 画像20160115 023.jpg キウイ畑の回りの槇の木の枝を片づけていたときに、藤の木を切って、それをコースターにしましたが、30年ほど前に作った焼き印があったのを使ってみました。

 画像20160115 024.jpg 画像20160115 024-2.jpg 土間で履くスリッパがないと言うと、次女がビーチサンダルをくれました。これはハワイで購入したらしく、$22(22ドル)とありました。もったいなくて、とても履けません。

 冬の夜、私の過ごし方

  昼間は農作業としても、日が暮れた後はどうしているのでしょうか。 読書と映画鑑賞です。

  読書は、知人の元大学教授の方から12月始めに文庫本20数冊を送っていただきましたので、 ようやく全部読破できそうです。

 その他には無料映画鑑賞。著作権侵害の疑いのある動画投稿なのですが、便乗して拝見していました。しかし、ほとんどは映画製作会社の抗議によって削除されています。「男はつらいよ」シリーズはその前にほとんど見ることができました。 「大江山の酒天童子」などは平安時代の怪獣映画みたいでした。「7人の侍」他黒沢明の映画も何度も見ました。

 キングコング対ゴジラ
http://www.pideo.net/video/pandora/3d442c401dc5ee76/

 1962年の怪獣映画です。なつかしいですよ。ごらんください。

 

 島 海鳥 貨物船

 画像20160115 014.jpg 三河湾の佐久島

 画像20160115 015.jpg 建物がぎっしりですが、日間賀島です

 画像20160115 016.jpg 冬の海水浴場 千鳥ヶ浜

 画像20160115 004.jpg 三河湾に面している喫茶店「望洋」からの景色

 画像20160115 009.jpg 店主に聞いたら「カモです」だと。

 画像20160115 001.jpg 用途がわからないです。逆光ですし

 画像20160115 003.jpg 

 画像20160115 018.jpg さすがにこの時季寒いので私は釣りには行かないです

 画像20160118 004.jpg 三河湾で、大王製紙の船

 17日は阪神大震災の21周年で、悲しみを新たにされた方が多く、つらいものがあります。15日にスキーツアーの大型バスが道路から転落して、20歳前後の若者など14人が死亡。重体重傷18人・・・。 人生はこれからという時にこんなことになってしまって、ご家族の悲嘆はどれほどか。四国帰省した折りに深夜高速バスは乗ったこともありますから、人ごとではありませんでした。

 農場では、このように穏やかに、一番寒い時季を過ごしています。

 


初詣・キウイ畑でのあれこれ他

  2016年1月の上旬前半は、みなさまもほとんど正月気分での暮らしではなかったでしょうか。以下、日記風に振り返りますと

 初詣

 元旦  朝から一日中酒浸り

 2日 朝 初詣に、近くの野間大坊へ出掛けました。私、連れ合い、次女と。(長女夫妻は別行動)画像20160103 015.jpg 本殿 早朝が冷えたためか、人出は今ひとつで、本殿には行列がありません。(午後に参拝された方によると、その時には並んでいたとか)

画像20160103 014.jpg ここは参道にこのように屋台が並ぶんです。

 画像20160103 017.jpg 食べ歩きと、いくつものお神籤が楽しいんです。私、大吉、吉ばかりです。「勝負事:思いのまま、待ち人:必ず来る」。

 画像20160103 019.jpg そのあとは 富具神社へ。小さく静かな産土神社です。富具港の陸側にあって、車で上に上ることができます。

 画像20160103 018.jpg その駐車場では、空港が見えるように、雑木を伐採してあります。(下は富具港 遠景が中部空港)

 画像20160103 010.jpg 場所を特定するのが難しい山の中。樫の木信号からスイセンロード始点までの途中から山道に入ります。弘法大師と思われる地蔵様です。数年前に事件があった近くです。

 画像20160103 012.jpg そこから、三河湾の中電・碧南火力発電所が見えています。それから

 画像20160103 013.jpg 同じ場所から伊勢湾側の内海の町も見えます。この位置はほとんど半島中央の高地で、お地蔵様は内海を見ておられます。お供えを持っていくのは私だけのようです。私がそのお地蔵様を見つけたのです。それから

 画像20160109 007.jpg 三河湾に浮かぶ篠島では、1月4日、午後6時から20分、全戸が停電します。島には男神と女神を祭る2つの神社がありまして、この日この時間に男神が女神の神社に渡るので、誰も見てはいけないそうです。ん?、七夕にも似たようなお話が・・・。新年にテレビで南知多が数回ルポされました。

 キウイ畑での話題

 3日から普通にゆっくり仕事始めです。キウイの剪定作業は昨年の最後の収穫27日の後から進めていますが、まだちょっとです。

 画像20160109 006.jpg 採り残したキウイの後ろは自然薯の花がありました。

 画像20160109 004.jpg ? キウイの枝先に土の塊、直径5センチくらい。なにか虫の卵のようなので、剪定しないで置いておきます。(ちゃんと私に恩返しをね笑)

画像20160109b 001.jpg 再び、剪定前のキウイの枝

 画像20160109b 003.jpg 剪定後の枝。枝の間から空がきれいに見えます

 画像20160109 013.jpg キウイ畑の剪定作業ばかりでは飽きる疲れるので、回りの槇の木の枝払いなどをしていますと、藤の木のツルが登っているので、それも伐採しながら、しかし根元はあまりに太い茎木なので、2センチ厚に切ったら、なんだか、コーヒーカップのコースターとか、マウスパッドとか、花瓶の底板とか、最悪でも鍋・やかんの敷き板(こんな使い方をした人とは絶交だ笑)にいいのではと思って、10枚くらい切りました。これで年輪が6つありました。お手伝いさんにもあげました。こういうのを面白がる人って誰でもではないですけど、素朴で手触りもいいしね。

画像20160109 017.jpg 私が剪定作業に使う剪定鋏類。左側:「岡恒」(おかつね)剪定鋏(赤白のテープが巻いてあります) 右側:B型剪定鋏。剪定鋏はいくつか持っていますが、作業中に付いているネジ(とナット)をよく紛失するんです。それで、それぞれのネジだけを購入したんです(写真下のネジ)。ネジだけでも1個180円(岡恒)、450円(B型)ですが、2カ所の店に注文するので、代引き送料が2000円もかかりました(30日に注文して7日夜着)。通販でなんとか購入先を見つけました。

 画像20160109 018.jpg ネジを取り替えて、研いで、再生した剪定鋏(全部で6本あります)

 なお、剪定鋏を研ぐときは、ネジやスプリングをはずしてバラバラにしてから作業するのが安全できれいに研げます。 剪定鋏は、18センチ、20センチ、22センチサイズあります。B型鋏のネジは共通、岡恒鋏はサイズでネジサイズも異なります。

画像20160109 001.jpg ワンコ達、車の中でお休み中

 7日夜、飼い猫で一番古い三毛猫キルアが亡くなりました。17歳かと。私が帰ってくると、いつも階段の下まで迎えに来てくれていました。老齢での発病、犬猫病院でも「回復しない」と言われていました。般若心経を読経してあげました。庭に土葬します。飼い犬飼い猫、これまで何度もありましたので、私、鈍感になっているかもしれません。

 海と貨物船 他

 画像20160103 009.jpg 5年ほど前から、カモが町の水面で越冬するようになりました。内海川河口近く。温暖化の副産物でしょうか。

  画像20160109 009.jpg 中電のLpg運搬船 四日市港向けですか。

 画像20160109 012.jpg 

 画像20160109 011.jpg イモト海運の国内航路コンテナ船 拡大すると

 画像20160109 011-2.jpg Imoto Lines  コンテナは4つだけ?

 数ヶ月前から上の画像(動画を含む)のデジカメはCanon IXY170 です。貨物船も拡大(12倍まで)で撮りたいので、それまでのニコンは色彩はよかったのですが、倍率が低いので長女にあげて、これにしています。IXYは今は10500円くらいです。画像は一部は画像ソフトJTrimで修正してあります。胸ポケットに入るサイズです。(SDカード、充電電池)

 年末年始、夜は知人からいただいた文庫本20数冊を読んでいます。まだ数冊残っています。時代・現代小説、スリラーなどです。帚木蓬生(ははきぎほうせい)著 「水神」上・下 新潮文庫などです。

 2016年 農場はこのような年明けです。おだやかに始まりました。初出荷は7日に無事に開始できました。家族みんな元気です。

 賀状賀詞をいただいたみなさま、ありがとうございました。みなさまの方はいかがでしたでしょうか。


2016年 元旦

 2016賀状.jpg

  新年おめでとうございます

  今年もよろしくお願いいたします

 (画像はクリックで拡大されます)


メッセージを送る
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村