So-net無料ブログ作成

小雨と夏日に片づけ作業など

 九州、福岡県大分県に豪雨、橋が流される、家が崩壊するなどの大被害があって、現在死者18人、避難生活1700人と。少し前に熊本地震があったばかりなので、悲痛な出来事です。

 こちらでは豪雨というほどは降らず、夜のうちに外のバケツが一杯になるくらいは降りましたが、続かず、後は夏日と曇りの連続です。梅雨明けにはまだ十日くらいかかりそうです。

 20170705 009.jpg 住居の前の電線のツバメたち。ほとんどが農場の家屋で生まれたり、その親鳥たちです。

 トンボ.jpg 畑には赤トンボもいますが、数羽程度が飛んでいるだけです。

  20170709b 003.jpg  ヤマモモの実 

 畑の様子

 20170709 001.jpg 雑草に覆われたネギ畑の草刈り

 20170709 012.jpg 刈れば、このようにすっきりします

 20170709b 002.jpg 地這いキュウリの草刈り

 20170709 003.jpg 大玉トマト。これが1株です。3本仕立てなので、高さも1.5m程度。1本仕立てではこのようにたくさんの実の付き方になりません。20170709b 001.jpg しかし、トマトにも害虫が少なくないです。カメムシや上の青い幼虫が中に入り、食害があります。

 20170709 009.jpg ナスも順調に収穫できています。

 20170705 005.jpg カボチャは6月から毎日授粉していますが、写真は1本のツルに4個結実。全部は育たないだろうけど、3個まではなんとか・・・。

 20170705 008.jpg プリンスメロンも70個くらい収穫できたので、一応みんなに渡ると思います。雨に弱いんですが。甘くておいしいと思います。

 20170709 011.jpg エダマメの苗。ほかにインゲンの苗も移植しました。

 20170705 001.jpg この秋に競売にかかる予定の借地の畑

 20170705 002.jpg 防虫ネットやマルチを剥ぎ取るだけでも、暑さの中、激しい作業で連続一時間以上続けることができません。

 20170709 013.jpg ようやく、ハンマーナイフ自走草刈り機を走らせて、

 20170709 017.jpg さらにトラクターで耕して更地になりました。1反300坪に十日かかりました。収穫後にすばやく片づければ、2,3日で済むんですが。15馬力のトラクターでも3時間かかりました。この作業は畑利用者の「義務」なので、その後には競売入札が秋に実施されます。

 20170709 008.jpg この耕耘機、ヤンマーのポチシリーズ。中古で3万円です。イセキの修理業者が紹介してくれたのです。後ろに培土器をとりつけるように手配してあります。ネギ畑の畝間を耕耘できます。

 ジャガイモ.jpg ジャガイモの食中毒の記事です。ソラニンなどが多い箇所、1)芽とその付け根をえぐること、2)皮を食べないこと、3)緑化した部分は皮を厚くむくこと、そして4)親指の先程度のサイズのものは未熟芋なので、食べないこと。自家菜園だと、「もったいない」ので、これが守られないようです。特に、ソラニンなどの中毒成分が大人の十分の一程度でも児童には発病しますから、子供が食べる場合は特に気をつけましょう。

出資者への部分返済に目途
 今から37年前にこの地で農業を始めたのですが、その5年後に現在の地を入手するために、10人の人たちから出資していただきました。住居や鶏舎そして畑の土地を出資者の名義にさせていただいていました。農場が現在の形があるのは、この出資者のご協力があってのことで、これがなければ農場は始まりませんでした。

 6年前に長女が農場の後継に手を挙げたことで、農場のあり方を考えるとき、いつまでもその形ではどうかと思っていましたので、できる限り返済していこうとして、毎年100万円ずつお返ししてきました。ようやく、この夏に最後の方の分をお返しできたので、土地の名義変更を合わせてお願いしていて、その手続きが現在進行中です。その返済の原資は私の年金からです。

 これまで私の年金は農業の機械や設備(パソコンを含む)だけでなくて、主に出資者への返済に充てて来たのです。出資全額まではできず、ほとんど半額程度の返済なのですが、農業経営の窮屈さ・有機農業の意義をご理解いただけていて、快く名義変更に応じていただけました。私の年金は、国民年金と10年ほどの勤務経験がある元厚生年金などで大した額ではありませんが、それでもこのように不十分ながら、お返しできたことで、私も気分的に楽になっています。

 また出資者以外からもカンパや陣中見舞いをいただいていて、多くの人たちのご支援・ご協力があってこの農場は成り立ってきたこと、本当にありがたいことだと思います。

 私は新規就農であって、農地農機具・ノウハウなどの生産基盤が無いところからのスタートでしたが、有機農業というジャンルで、みなさまのおかげでここまでやって来れました。農場の現場はこのブログで紹介できている通りです。後少し、経営上の基盤整備が残っていますので、気持ちを緩めずに進めて行きたいと思っています。
 

 土こやしの会.jpg 下の「土こやしの会」の当農場での仕訳作業です。猫はタマ。 

  農場が生産物を供給している名古屋市の共同購入グループ「土こやしの会」がスタッフを募集しています
  https://tutikoyashi.jimdo.com/
---------------------------------------------------------------- 

<一緒に働いてくれるスタッフを募集しています。>                                
 
野菜や畑、農業、自然、オーガニックに興味のある方、会までご連絡ください。(連絡先::052-211-1774

  ♪
 仕入・配送ドライバー   提携する有機農家への仕入れ、会員への配送 
        ・週4日~ 900-1800 (時間給900円)
     ・研修期間あり   
    
   ・フルスタッフも検討可  
  フルスタッフ                                                            
       
・仕入れ・配送も含めた共同購入会全般のお仕事です。                   
       
・月給制     ・休日 4週間に7日(別途有給休暇あり)       
        ・就業時間 平日9:00~18:00 土曜日9:00~15:00(時に残業少しあり)

        ・できたら、エクセル・ワードのできる方
 ★
いずれも普通免許をお持ちで実際に乗れる方を!                               
 ★
事務所は地下鉄「大須観音」駅徒歩3分です!
  (
同会の写真集です)
  https://www.facebook.com/pg/tutikoyashi/photos/?ref=page_internal
    --------------------------------------------------------------------------


nice!(25)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 25

コメント 10

mutumin

すっかりなつですね。。。
私も29度の中、ずっと草刈りをして、のどが渇いてしかたがなく、家に入ってお茶とアイスを食べています。真夏の草刈りは辛いです。
でも、それよりも大雨で生活基盤を奪われたり、行方不明を思えば、これぐらいと思って頑張ります。
熱中症だけは気を付けてお仕事してくださいね。
by mutumin (2017-07-09 16:32) 

mimimomo

こんばんは^^
頑張って来られましたね。なかなか出来ることではないです。
ジャガイモの芽が毒だと言うのは子供の頃から教えられ、わたくしは抉り取っていますが、青い部分も良くないのですね・・・気を付けないと。
by mimimomo (2017-07-09 19:02) 

とりのさとZ

mutuminさん
私の担当の畑は住居から離れているので、いつも2リットル入りの冷水ボトルを持って出ます。時々ワンコにも上げています。2リットルでも夕方にはカラになります。
 九州の豪雨被害、救出や捜索活動はまだ続いています。早く収まってほしいです。
 夏野菜もなんとか収穫できて、そこだけは気分が楽になっています。

mimimomoさん
 なんとか野菜を通年して作ることができるようになったことで、農業経営が持続できています。来年からは老夫婦は裏方になって仕事は続けます。
 ジャガイモ、特に子供が食べる場合に注意が必要ですね。

by とりのさとZ (2017-07-10 06:55) 

やおかずみ

いろいろな作物を育てるため、寒い日も、暑い日も一生懸命作業を
続けてきた成果ですね。その上、金銭面でもいろいろとご苦労があるのですね。まったく頭の下がる思いです。これからも頑張っていただきたいと思います。
by やおかずみ (2017-07-10 11:39) 

夏炉冬扇

出資者がいらっしゃったんですね。
法人ですか(・・?
by 夏炉冬扇 (2017-07-10 18:06) 

とりのさとZ

11日は朝から夏日になったので、正午前に切り上げてきました。ネギ類の草取りと土寄せ作業です。

やおかずみさん
 30数年、平飼い自然養鶏から始めて、路地野菜栽培を通年全般にわたって、これら一筋にやってきたので、それなりの技術が身に付いたと思います。それで、自転車操業のように動いていれば、なんとか持続できるようになりました。ただ、その分、もっと広い視野とか活動はなにもできてきませんでした。

夏炉冬扇さん
 農場への出資者は主に中部地方の市民運動に連なる人たち(個人)で、法人からの出資は受けていません。この仕事を始める前には私自身も愛知で市民運動の中にいました。
by とりのさとZ (2017-07-11 11:59) 

おじゃまま

カボチャもメロンも、美味しそう!
ヤマモモ、食べたいのですが、なかなか手に入りません。
実家でももう、自分たちが食べる分しか収穫してないみたい。
このあたりは、古い街路樹にヤマモモがあったりしますが、
鳥も食べないんですよね〜・・
by おじゃまま (2017-07-12 18:34) 

とりのさとZ

おじゃままさん、みなさん
 13日は南九州で梅雨明けとかですが、大分福岡の豪雨被害はまだ回復できていないようです。愛知からはサラマンダーという、救援車両が当地で動いております。

 ヤマモモ、おじゃままさんが高知在住の頃の木は、今ではあまり実を付けていないでしょう。こちらでも野生のヤマモモは、ほとんど実をつけなくなっています。上の写真は自家菜園の栽培ものです。地球温暖化のためだろうと推測しているだけですが、なんだかおかしいです。

 畑の野菜たちは、それなりの成績ですね。

by とりのさとZ (2017-07-13 17:32) 

こゆき

出資してくださった方々への返済は、まとまった金額なので農業をする中で大変だったことと思います。
信用とともに、順調に経営されてきた証ですね。すごいことです。
夫は、中古のトラクターがほしいようで、ネットオークションをしょっちゅう見ています。地元のJAの工機センターにもお願いしてありますが、なかなか良いものに巡り合っていません。
予算が少ないからなあ(笑)

by こゆき (2017-07-14 22:03) 

とりのさとZ

愛知県北部の犬山市や大口町でも局地的豪雨でしたが、今日は夏日。あと4,5日で梅雨明けでしょう。

こゆきさん
 まぁそれでもなんとか経営を維持できたのは、野菜作り全般が通年してできるようになったことでしょうか。
 中古のトラクターですと、たとえばイセキでは全国ネットワークで中古農機具の情報がわかるようです。こちらでは立て続けに15馬力のトラクター、4馬力の耕耘機を30万円、3万円で紹介されました。
by とりのさとZ (2017-07-15 12:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村