So-net無料ブログ作成
検索選択

梅雨本番

 梅雨入りの7日にちょっと降っただけで、あとは晴天が続いていましたが、21日にミニ台風のような暴風雨があり、昼間も横殴りの雨でした。その後はずっと雨マークが7月1日まで続いています。晴れ間にマルチを張ったりして秋の用意も進めています。

 20170625 011.jpg ここでは晴れるとツバメは地面で休みます

 畑の様子

 20170625 005.jpg キュウリは普通に収穫できています

 20170628 001.jpg トマトがようやく色づいて来ました

 20170629 007.jpg  ナスも順調に収穫できています

 20170628 004.jpg 山芋のツルが上がって来ました

 20170628 003.jpg 秋取りの枝豆が発芽しましたので、天気次第で移植します。マメ科も連作を嫌うので、あまり作れないです。

 20170625 006.jpg 暴風雨でトウモロコシが倒れかかりましたが、なんとかがんばりました。

 20170625 014.jpg 穂先が広がって、花粉が散っていますが、アワノメイガの幼虫がずいぶん入っているので、見つけ次第退治しています。

  20170625 010.jpg穂先だけでなくて、茎にもおがくずがこぼれているところは縦に裂いて、退治しています。これまではあまり穂先、茎などをみなかったのですが、今年初めてアワノメイガをしっかりテデトールしました。茎を縦に裂いても枯れることはありません。これで、今年は実に入られることは少なくなるでしょう。穂先に忌避剤である木酢液やニーム液も散布しましたが、見た目のその効果はないです。

 20170629 005.jpg そして、カラスの食害です。どうしようかなぁ。

 20170625 004.jpg カボチャ、最初の収穫は60個くらい。早めの収穫ですが、これでツルの負担が軽くなるのです。畑の端の植え付けだったので、まだ肥料が足りなかったようで、葉が黄ばんでいたので、追肥しました。

 20170625 002.jpg 長女の担当、ブロッコリー

 20170625 001.jpg インゲンも。収穫作業が大変です。

 20170629 004.jpg 地這いキュウリ。本葉5枚程度で摘心します。もう、草刈りもしなくてはいけなくなっています。

 20170629 001.jpg ズッキーニの2番手。一部は開花し始めです

 20170629 003.jpg サトイモが元気です


 20170625 017.jpg 27日の予定がはずれたので釣りに行きました。場所によってはクラゲばかり。

 20170628 006.jpg サバとカレイ!です。連れ合いが食べました。もっと釣れたと思うけど、風が強くなって寒くなったので16時半に帰ってきました。この日は本格的に箕傘をかぶっていたので、それは注目されましたが、釣れてよかったです。

 20170628 007.jpg その27日は三河地方へ出かける予定だったのですが、先方の都合で中止になり、秋頃に、と変わりました。しかし、渡したいものもいくつか用意していたので、もう一軒の農家を訪ねることにして、28日9時半に軽トラで出発しました。写真は豊橋市の市電。懐かしいです。

 南知多から半田市の衣浦海底トンネルを抜けて、西尾、吉良、蒲郡、豊橋、豊川と走り、新城市に着いたのは12時半くらいですが、そこからがわからない。なにしろ、時代遅れの私、スマホもカーナビも持たず、頼りは公衆電話なのになかなか見つかりません。それでもようやくそばまでやってきて、電話すると迎えにいらしてくれました。

 十数年前に農場を訪問していただき、その後就農されたので、ずっと気がかりだったのですが、ご家族は元気そうで、野菜作りも順調です。鶏を増やしたいとのことで、鶏舎建築に助言できました。お昼をいただいて、あれこれ話し込むと15時半になってしまったので、明るいうちにと失礼することに。行きも帰りも高速道路は使わずに、普通の道路を走りました。時に迷いましたが、大筋としては無駄なく走りました。帰宅は19時になりました。3時間の話し合いと昼をいただいて、前後合わせて7時間の軽トラのドライブ。でも風景も楽しめました。これはもう年寄りの冷や水です! 新城と言えば、愛知の東端、南側はもう静岡県三ヶ日でした。

nice!(21)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 21

コメント 7

mimimomo

こんにちは^^
農業は自然との共存ですから難しいですね。先日はこちらもまるで台風でした。
でも大きな被害はなかったようですね(^^v
害虫退治も大変そう。我が家も庭にあまり薬をまかないので、
クチナシの木は小さい方は丸坊主(><; 大きい方は蕾も喰われて情けない姿になっています。
お花程度は良いですが、とりのさとさんの所のような所では、放っておくとお野菜などは被害甚大ですよね。
鯖とカレイ、美味しそうですねぇ~  クラゲは見るだけなら美しいですね^^
by mimimomo (2017-06-29 10:41) 

mutumin

カボチャ、凄く採れていますね。毎日受粉してると雄花だけの日、雌花だけの日とあるので、何に関係してるんだろう?と思ってしまいます。
受粉って、雨の日は交配が成立するのですか?花粉が濡れているので、ずっと気になっていたのです。受粉しても成立しないのであれば、無理して雨の中やる必要がないような気がして・・・前からとりのさとさんに聞きたいと思っていたんですよ。
受粉が終わっていそうだったらトウモロコシの穂先を切れば、虫の入る率が軽減されると書いてありやってるのですが、そんなに効果も感じられないのですが、木酢液やニーム液の方が効果あるのかしら?
いつもトウモロコシは虫が入って、売るトウモロコシは少ないです。
by mutumin (2017-06-29 11:07) 

とりのさとZ

 今日の昼に画像を5枚追加しました。午前中はエダマメ、インゲンの移植作業でした。午後は競売にかかる借地の畑の更地作業開始。まずは送水散水ホースの位置を確認しての草刈り作業です。

mimimomoさん
 季節はずれの台風はたいしたことはありませんが、やはり秋の台風は要警戒です。でもできることはあまりありませんが。
 テデトールの虫退治、苦手でもなく、確実に害虫が減少しますので、進んでやっています。防虫ネットは労力対策としてやむを得ないです。
 おとといは早く釣りを切り上げて惜しかったです。強風で寒かったくらいなんでしょうがなかったです。

mutuminさん
 こちらも毎日カボチャとズッキーニを授粉していますが、確かに雌花の多い日、少ない日はあります。特に初期の頃は雌花ばかりのことがありました。それは根元で取れるツルナシカボチャだったからだと思います。カボチャの授粉も相性がありますので、どれでも同じではなく、授粉しても嫌われることがあります。一般に西洋エビスカボチャと日本カボチャは相性がよくないです。品種が異なると相性も1ランク下がりそうです。エビスカボチャと東京カボチャが授粉すると、カボチャのお尻にその交雑度が出ます。同種で別の株の雄花を使うのが一番相性がいいでしょう。いろんな品種を少しずつの栽培では相性の問題では、あまりよくないですね。
 雨の日の授粉は、雄花に水たまりがないのを選んでください。雌花の水たまりは花弁を切って流せばいいのです。どのようにすれば授粉が確実なのかを考えることだと思います。
 トウモロコシ、生育に差があるので、穂先を残しておきたい気持ちもあるんですが、それよりも穂先が広がる前に穂先にアワノメイガが入っていますので穂先を切っても遅いでしょう。忌避剤を散布すると、幼虫は茎のもっと奥に逃げるようですので、あまり有効ではないようです。もっと初期に散布すればいいのかもしれません。でも効果は不鮮明です。おがくずがこぼれている茎を縦にカッターナイフで裂いて中の幼虫を退治するのが確実です。縦に裂いても枯れません。


by とりのさとZ (2017-06-29 17:54) 

やおかずみ

夏野菜のいずれもが順調に育っていますね。我が家は気温が低い
日が続いたことか?、連作の影響か?、もうひとつ芳しくはないです。
by やおかずみ (2017-06-30 09:43) 

とりのさとZ

やおかずみさん
 この数日は、午後よりも午前中が暑かったです。夏野菜は出始めですので、この後はどうなるでしょうか。台風も接近しているようですし。カボチャが今一つです。プリンスメロン、昨日30数個収穫できました。
by とりのさとZ (2017-07-04 06:28) 

スミッチ

軽トラでの新城までの往復ご苦労様です。
今、公衆電話を探して連絡しようとすると苦労しますね。
カラスはなかなか手強そうですね。
by スミッチ (2017-07-09 23:22) 

とりのさとZ

スミッチさん
長距離ドライブは、そんなに疲れませんでしたが、途中に街中でないのに、延々と並木が両側に続いた道がありました。(どこかもわからないです)
 携帯やスマホが広がっているので、あまり公衆電話、使われないのですね。

 こちらの畑は、山のそばなので、カラスの巣も近くにあるようです。
by とりのさとZ (2017-07-10 06:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村