So-net無料ブログ作成
検索選択

年々歳々花相似たり

 今日から春の大型連休が始まります。昼間は暑いくらいですが、早朝は10℃くらいまで下がりますので、ちょっと寒いです。


 年々歳々花相似たり

 私はブログの記録を11年取っていて、数年前は同じ時季どうだったかをいつでも見ることができるようにしています。(mixi日記でもできますし、so-netでも「管理ページ」の「記事管理」を利用できます)

たとえば、3年前の4月末ですと、

 ゴールデンウィーク間近           522 (=so-net内の閲覧数)   
    http://torinosato.blog.so-net.ne.jp/2014-04-29
    (記事管理の部分を上のようにブログアドレスと日付をつなぎます)

これを見ますと、野菜の生育には十日ほどの生育差はありますが、自然界の花や草木は「相似たり」で、珍しい変わった景色はありません。数年前のブログをそのまま転写してもわからないくらいです。ただ、私の行動範囲が狭くなって行きつつあることがわかります。

 s-20170427 021.jpg こちらでは田植えが始まっています。これは何でしょうか。

 s-20170427 019.jpg キキョウに似ていますが、あれは秋の花ですし・・・。


 s-20170427 022.jpg 花はツツジやアヤメに変わりましたが、いつも変化に乏しい風景ばかりですね。ごめんなさい。


 畑の風景

 ミカン園の草取り作業

 昨年の秋からの立ち木伐採作業を含めて、ミカン園での草刈作業、畑での草取り作業が続いていました。ミカン畑は2箇所で、住居の前の畑は野菜栽培とミックスですが、もう一箇所は温州、ネーブル、伊予柑などがあります。ただ、樹の間が狭くて、通り抜けることもできないくらいなので、ハンマーナイフなどで走行できません。柑橘類は傘を半分開いたような樹形が標準とされているので、根元の草などは樹の下に潜って鎌で刈り取る手作業です。この作業だけで三日もかかったと思います。その周りを草払い機で刈り取りです。

 s-20170427 005.jpg 住居の前の野菜と混合のミカン列

 s-20170427 013.jpg 木の根元は全部草を抜き取ります

  ミカンの特産地でも、やはり雑草対策が大変のようです。慣行栽培では除草剤散布ということになりますが、民家が近いと、飼い猫飼い犬が除草剤のかかったもの(時に雑草も食べます)を食べて、事故が起こることがよくあるそうです。
 私の畑は無農薬ですから、上のような手間のかかる作業になっています(このミカン園にもワンコを連れて行っています)。このような作業が必要な有機栽培で、そこから収穫できたミカン類を消費者に食べていただいているのですが、計算してみると、とてもこの疲れる草刈作業に見合うほどの金額には達しません。程遠い印象になって、ため息が出ます。ただし、高額の農機具や資材は何も使わないので、ミカンの生産販売だけでは黒字であり、それが貴重な収入源になっています。

 20170428 005.jpg 周りの草も払って見通せます

 20170428 008.jpg 

 s-20170427 007.jpg ミカンの根元にあった雑草の根。ヤマブドウみたいです。深さ50センチもありました


  このブログを、私どもの消費者はあまりごらんになっていないのですが、こんな作業は知ってほしいと思いました。私の年代ではパソコンを駆使できる人自体が少ないことがあります。私は様々な理由で有機栽培を実践していますので、自分では納得していますが、年齢的にきついなぁと思うようになりました。家人もこのミカン畑を見てびっくりしていました。


 野菜畑では

 s-20170427 015.jpgスナップエンドウに実がつき始め

 s-20170427 016.jpg サヤエンドウも

 s-20170427 017.jpg ソラマメはこれからです

上農は草を見ずして草を取り・・・野菜畑の草取り作業

 上のことわざは江戸時代に中国の農書から紹介されたもので、百姓の心得として今も時に紹介されますが、まぁ今も昔も雑草処理がうまくできないことが多いのでしょう。私、上農ではないので、畑は草まみれですが、労力・時間には限りがあるので、しょうがないですね。

 20170428 004.jpg ネギ苗の草取り作業途中です

 20170429 002.jpg このようになりましたが、1列1時間かかりました。ネギの根元の草は手で摘んで、

 20170428 013.jpg 土削り用の鎌で削って根を切っていきました。

 20170428 011.jpg しかし、カブなどは草の中です。草取りはこれから。

 20170428 012.jpg ネットの中のレタス。


 町の話題


 救命艇.jpg コンビニ・セブンイレブンの駐車場に津波救命艇が置かれました。

 s-20170421 004.jpg 

 s-20170421 003.jpg 除幕式に町長も出ていました

 20170428 001.jpg 寛太郎くん

 海と貨物船

 s-20170427 001.jpg

 s-20170427 009.jpg すっかり春の海です


 今回は除草のお話が中心になってしまいました。草取りばかりしていると他の仕事がおろそかになってしまいますし、腰の痛みも取れません。もう少し草取りをしてから体を休めますね。今日は釣りにでも・・・と思っていたら、お休みなので、海が混雑しそうで、取りやめにしました。

nice!(27)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 27

コメント 14

ラック

気の遠くなるような作業の繰り返し、頭が下がります。

by ラック (2017-04-29 22:38) 

mutumin

食事を山盛り出されると見ただけお腹いっぱいになる気がするのと同じで、私は広いと先が見えなくてため息が出て、嫌になることが多いです。最近私も年を感じて来てるので、私より10歳上のとりのさとさんはもっとだと思います。
by mutumin (2017-04-30 07:20) 

やおかずみ

なるほど、参考になりました。
by やおかずみ (2017-04-30 20:28) 

mimimomo

こんばんは^^
我が家の決して広くもない庭で3時間半草取りをしてもまだ半分残る・・・のです。
広い農家のいろんなお野菜などの間の草取りはなかなか言葉では表せない苦労だと思いますよ。 体力にも時間にも限度がありますものね。
寛太郎君、相変わらず可愛くて♡ しかし大きくなって行くのが分かりますね~♪
by mimimomo (2017-04-30 20:59) 

とりのさとZ

 28日午後3時ごろに突風が15分くらい続きました。三河湾内の衣浦港で、水産高生が実習中のボート10艇全部が高波で転覆。投げ出された20人は救助され、無事でした。私の畑でもサトイモのマルチが剥がれていました。
 その前日、私の畑のすぐ傍で、焚き火が延焼して200坪ほどの畑が燃え、消防車が駆けつけ、消火。農業用水の元栓もあるのだから、不注意ですが、野焼きでは毎年のようにこんなことが起こっています。

ラックさん
 いつまでやれるか、わかりませんが、できなくなったら、それまで、ということでしょうか。

mutuminさん
 気力体力の衰えはどうしようもないことで、愚痴をこぼしても始まらないですね。でもまぁ、やり遂げれば気分もすっきりしました。最近、そのような農作業は、自分にできても、また人にはできないことであっても、たいしたことだとは思わないようになりました。

やおかずみさん
 なんとかミカン園と野菜畑の草取り、やりとげました。もっと省力化を考えないといけないですね。

mimimomoさん
 それでも、こんな営農で暮らしを続けられているのですから、それでよしとしましょうか。30代の女性たちが野菜つくりなどの実習をかねて出荷の手伝いに来ていただけています。とたんに畑は華やかになります。

 30日は久しぶりに釣りに行きましたが、釣れません。今の時季、つれる魚はいませんね。プロ級の人だけ、黒鯛を釣っていました。
by とりのさとZ (2017-05-01 06:51) 

おじゃまま

実家の近所で、ヤギを飼ってる人がいますね〜〜
梨の畑の「除草」目的で。
いまは、そのヤギを連れ歩く姿が、風物詩みたいになってるそうで。
でも、野菜畑には、向かないわぁ〜 ^^;

ミカン畑だけのためにヤギを飼うのも、かえって大変ですよね。
by おじゃまま (2017-05-01 21:48) 

とりのさとZ

おじゃままさん
 ヤギですか。うーん、住居からミカン畑が離れているのと、畑の周りにはぶどう園のような柵がないので、いつも見守ってやらないといけないかも。
 何よりも、ワンコ2匹、猫5匹、他に鶏数百羽いますので、動物は飽和状態です。でも、動物がいるのは楽しいです。
by とりのさとZ (2017-05-02 07:27) 

mimimomo

おはようございます^^
釣りは成果が少ないようで残念でしたね。
キキョウのようなお花と書いていらっしゃるのは「ツルニチニチソウ」です。
by mimimomo (2017-05-04 07:33) 

とりのさとZ

mimimomoさん
 釣りの成果が少ないのではなくてゼロ!なんですけど、気分はさっぱりしました。
 青い花はツルニチニチソウですか。検索で見ましたら、そのとおりの写真を見ることができました。さすがに花には詳しいですね。ありがとうございました。
by とりのさとZ (2017-05-04 13:26) 

SORI

とりのさとZさん おはようございます。
津波救命艇に目が行ってしまいました。これなら高い場所が近くになくても避難できますね。
今は核シェルターが注目されていますね。
by SORI (2017-05-05 05:24) 

とりのさとZ

SORIさん
 この津波救命艇は定員25名なので、店のスタッフや来客プラスアルファ程度の救命ということになりそうで、シンボリックなものになりそうです。エンジンはついてなくて、浮くだけで、ひっくり返っても元に戻るそうです。
 ミサイル攻撃を受けたら、というのが政府広報に出たそうです。でも、私には福島の帰宅困難地域の山火事の方も心配されます。
by とりのさとZ (2017-05-05 07:25) 

旅爺さん

ブログは11年の大ベテランですね。
野菜畑はかなり大きいのでプロなんですね。
流石海辺だけにセブンイレブンの津波救命艇があるなんて驚きです。
by 旅爺さん (2017-05-05 19:26) 

ポンコツ

こちらもようやく雪が無くなってきました。畑の面積で残雪4割程度になりました。
草刈はホント苦労しますね。ハンマーナイフが使えないとなおさらですね。山羊を飼うのであれば、ある程度の重量があるタイヤをアンカー代わりにしてロープでタイヤと山羊の首をつなぎ、場所を移動させながら草を食べてもらう、というやり方を見たことがあります。なかなかおもしろいやり方でした。

救命艇・・・・!! すごいですね。意味があるのか無いのかよくわかりませんね。

さて、こちらでもいよいよ始動できそうな気候になり、うれしい限りです。
by ポンコツ (2017-05-05 23:11) 

とりのさとZ

 昨日は「子供の日」でしたが、今日明日は土日なので、まだ連休は続いているようです。稲作農家は田植えの季節で休めないのが今まででしたが、田植え機が大型化したためか、今年はあまり終わっていないようです。

旅爺さん さん
 ブログは月3回程度の更新なのでたいしたことはありませんが、それ以前のメーリングリスト、パソコン通信の経験はあります。
 野菜を通年して栽培している有機農家です。キウイや柑橘もやっています。
 津波救命艇、まだ全国で2つ目なので、私も初めて見ました。

ポンコツさん
 果樹園も野菜畑も草刈は一巡したばかりなので、今はすっきりですが、草が茂るのはこれからですね。もう少し若ければヤギを飼ったかもしれませんけど、もう無理です。タイヤで移動というのは面白いアイデアですね。

 救命艇はシンボリックなオブジェになりますし、津波への注意をいつも掻き立ててくれる意味があります。

 そちらもようやく雪がなくなるのですね。本格的な春の到来ですか。
by とりのさとZ (2017-05-06 06:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村