So-net無料ブログ作成
検索選択

明日から3月・畑は閑散

 北の地方では雪も降っているようですが、こちらは雨も多くて明日明後日と雨の予報です。気温も氷点下は無くなり、昼間は15度近くまで上がりそうです。そろそろ夏野菜の温床への種まきも始めなければいけなくなりました。明日から3月だというのに、春らしい景色はなぜか、あまりありません。

 20170228 016.jpg シロバナタンポポが出ました

 20170227 010.jpg 道路の反対側にソーラーパネルが完成

 立ち木伐採作業

 20170227 012.jpg 立ち木の枝払いです。ミカン園の東側

 s-s-20170228 014.jpg 離れた野菜畑の南側 ここは畑には関係は少ないのですが、スロープと堆肥を乾燥させるために伐採しています。写真は半分終わった段階です。どうしてこんな伐採作業が続くのか、うーん、若いときには見えなかった気がつかなかったことが今になって見えてしまうということのようです。

 20170227 014.jpg かずらが金属パイプを巻き込んでいます。藤なども立ち木に絡んで、枯らしてしまいます。どうも立ち木との共存共生ではないようです。立ち木が枯れたらカズラも困るのでは、と思うんだけどどうなんでしょうか。

 s-20170228 018.jpg 木に登って、畑の全景が撮れました。高さ7メートルで、足が震えます。このように、今の時季、畑は閑散としています。

 s-20170228 017.jpg 若い人たちがジャガイモの植え付けをしました。このあと、マルチを張る予定でしょう。そのほか、春野菜も移植しています。

 20170227 007.jpg 猫のトラジ

 20170227 006.jpg 我が家では猫は今5匹います。何度もお産があって、そのたびに飼い主を探しました。時にこのようなフサフサした猫が出ています。先日脱走したニホンザルが交雑したとかで50匹以上が淘汰された記事がありました。「交雑」すると、このような親とは全然違う毛並みの子が生まれることがあります。ワンコも飼い犬のお産3回、住居の周りで野良犬が3回くらい子犬を産みましたが、そこからもフサフサの犬が2匹生まれました。これももらわれていきましたが、長生きはしなかったようです。

 20170227 011.jpg 海の景色には春らしさがあります。

 今回はあまり写真が出ませんでしたね 昨日、自宅療養中の畑仲間を見舞いに行きました。1週間前に退院して数日後の検査結果待ちということです。ウイルス感染症。疲れの隙にウイルスが入り込んだようでしたが、声に張りがないものの、げんきそうでした。私はまだ数日、立ち木伐採作業が続きます。数日前に柑橘の苗を注文しました。レモン、文旦、甘夏、極早生温州みかんなど6本。届くのは1ヶ月先でしょう。万次郎カボチャの苗も注文したのですが、植える場所がまだ決まりません。新しく使える農地があるのですが、あまり何箇所にも分散させると移動が大変なので迷っています。昨日、昨年収穫した、その万次郎カボチャを出荷しました。この時季のカボチャ、貴重です。


nice!(26)  コメント(10)  トラックバック(0) 

nice! 26

コメント 10

mimimomo

こんにちは^^
白花タンポポが綺麗ですね。我が家の方はやはり黄色それも西洋タンポポが多いです。
木の枝の伐採って大変なお仕事ですね。我が家の一才ユズの枝を掃うのにたった一本だけでも、それもあまり大きくはないのに・・・夫は一日がかりです^^
高さ7メートルの木の上からお写真(@@ お気をつけてくださいませ。
トラジ君、愛らしいですね~ ふさふさ毛の子、交雑の結果かしら?
by mimimomo (2017-02-28 10:12) 

やおかずみ

木に登って・・・。くれぐれもお気を付けください。
by やおかずみ (2017-02-28 16:29) 

夏炉冬扇

5匹ですか。
びっくりだ。
ジャガイモマルチしました。

by 夏炉冬扇 (2017-02-28 17:20) 

mutumin

レモン、文旦は私の憧れの果物です。青森の気候では絶対できないからです。ぜひ無農薬のレモン作ってください。
動物いっぱいいますね。家も以前うさぎを飼っていて、12匹生まれた時には貰い手を探すが大変でした。全部貰われて行きましたが、かなり苦労したので、もう生ませません。家の中で飼っていたから、毎日観察することが出来て、だいぶうさぎの生態、性格がわかり楽しかったです。その時12匹ともみんな模様や性格が違っていて面白かったです。
お父さん、お母さんがちゃんとわかっているけど、その前の祖先はわからないので、その模様から垣間見ることが出来たような気がして面白かったです。
種は頼んだけど、まだトマトの種も他の種も届いてないので、今年はまた一段と遅くなりそうです。
いろんな仕事を抱えている他、スタッフもいないので、どうしてもそうなってしまいます。でも、諦めないで遅くなっても頑張りますよ!
by mutumin (2017-03-01 08:04) 

とりのさとZ

 3月と言っても、早朝は冷えました(2℃)。この後は、時に冷えるものの、寒さは遠のくようです。

mimimomoさん
 西洋タンポポは日当たりのいい場所に多いようです。畑の中はシロバナも咲いています。
 こちらでは、三脚から落ちて腰の骨を折ったひとが回りに数人います。私は高い樹上では片手で枝にしがみついて、片手でのこぎりを使いますので、落ちたことがありません。
 ワンコや猫の混血でも、両親にフサフサがいないんです。ノラは何代も混血しているので、その中のが出るのでしょうか。5,6匹の子は全然違っているのが普通でした。

やおかずみさん
 高い樹の枝払いは昨日で終わりました。後は地面からの作業になります。柑橘の剪定なども低いので、大丈夫でしょう。

夏炉冬扇さん
 1月に17歳の猫が死ぬ前は6匹いました。ジャガイモのマルチで収量がアップしますね。雑草防止にもなります。
by とりのさとZ (2017-03-01 08:09) 

とりのさとZ

 昼ごろから空が曇ってきました。午後遅くにも雨になるようです。

mutuminさん
 3,4年前に植えたレモンと伊予カンがそれぞれ1個だけ実をつけました。購入苗は1年苗なので、少し生育が遅いのです。2年苗は倍額の2000円ですし。これから少しずつ増えていくでしょう。
 こちらは山地が狭い半島なので、野生動物はキツネ、タヌキの他、ウサギ、キジなどがいます。ウサギは黒、茶色ですが、めったに見ることができません。畑のキャベツ食害はそのウサギであることがわかりました。
 そちら、ランチも毎月あるので、調理や接客も大変でしょう。加えて野菜作り、種まきや苗植えの時季には大忙しですね。できるだけ作業は省力化を心がけましょう。たとえば、ハウスのドーム天井のビニールを両側から巻き上げ(巻き下げ?)できるようにすると、その分楽になるでしょう。できますか?
by とりのさとZ (2017-03-01 12:02) 

おじゃまま

トラジ、美猫 ^^ 毛が長めですね〜
シロバナタンポポ、我が家にも植えてあるはずなんですが。。
今年はまだ出てきてませんね〜。
by おじゃまま (2017-03-01 13:18) 

とりのさとZ

 夕方4時過ぎから雨になりました。ミカンの剪定をしていました。

おじゃままさん
 猫がどうして5匹もいるかというと、娘たちが捨て猫を拾ってきたからです。私もオスの黒猫を拾ってきて「ヤマト」(笑)と名づけましたが、それは2階の窓から出入りしているうちに旅に出て、帰って来なくなりました。
 野草は移植してもつかないことがあるようです。なにか合わないんでしょうか。

 そうそう、ワンコのモモには後ろ足の片方に狼爪があります。
by とりのさとZ (2017-03-01 16:42) 

ポンコツ

少雪で比較的暖かかった2月とは打って変わって3月は荒れてばかりの当地です。今日も風雪が強く除雪もままなりませんでした。
シロバナタンポポってあるんですか? 北海道ではあまり見たことがないような気がします。いわゆる西洋タンポポと言われているくらいで、正式な名称まではわかりませんね。

こちらもソーラパネル多いです。農家が設置するのも案外と多いですが、空き地を有効活用しようと設置する業者はそれ以上に多いです。
個人的には太陽光発電には懐疑的です。パネル寿命も25年程度と聞いたことがあります。今は性能も上がっているのでしょうが、パネルの最大効率を発揮する条件がそろう事は現実的にはあまりないと思いますので、初期投資を回収する事は出来ないだろうと思っています。なんとなく社会に貢献しているという、個人的なモチベーションが上がるだけなのではないでしょうか? 廃棄するのも面倒な材質のはずです。

ジャガイモのマルチ、北海道では私の知る限り誰もやることのない作業ですが、内地では普通のことなのでしょうか? やはりその土地土地で違いますね。

高所作業には胴綱を使いましょう。電気工事士が電柱上で作業するモノが良いです。脚立作業が一番危険です。2~3段目程度から落ちてしまい足を痛めてしまうパターンが圧倒的に多いですから。脚立の一番上には絶対に乗ってはいけませんね。跨ぐように使用することが前提です。
うちの地域でも、70歳を超えた人の落下事件がチラホラ起きています。気をつけないといけませんね。
by ポンコツ (2017-03-05 18:40) 

とりのさとZ

ポンコツさん
 北国は今年は雪が少ないようです。青森のmutuminさん、北海道のポンコツさんが季節の変化を知らせてくれています。シロバナタンポポは日本在来種ですが、残念ながら関東以西にしか育たないようです。

 こちら、晴天が多くて日照時間が長いこともあり、ソーラーパネルが広い休耕地などに広がっています。1反(300坪・約1,000㎡)の工費400万円、毎年の買電収入は40万円で、10年で償還ですが、何事もなく無事で、の話です。6年前の地震では各地で被害があったようです。屋根の上に並べるのはだいたい150万円かかり、売電は15万円程度で、同じ比率です。パネルは再生利用はできないようですが・・・。

 北海道でのジャガイモは大規模広大な栽培法で、内地との比ではありません。種芋だけでも数百キロでしょう。こちらは30キロ程度です。収穫量は種芋換算で20倍~25倍です。

 昨日も高い木の枝を落としていました。ノコギリの刃も自分で目立てしました。大体終わりました。慎重に作業していますが、自分が高齢者だとは思っていなかったですね。それで、通路が乾くようになり、畑に陽が差すようになりました。私がしなくなると、もうやる人がいないでしょう。どうなるんかなぁ。枯れ枝を畑の端で燃やすのも、ホースを引いてやっています。
by とりのさとZ (2017-03-06 07:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村